記事
  • LM-7

7月中に3万点の約束もやっぱり反故にした楽天kobo

鳴り物入りで発売された楽天の電子ブック端末kobo。多くの人(三木谷社長によれば少数派)がアクティベーションさえできない状況で、ネットのニュース媒体において普段はなかなか見られない酷評レビュー(1,2,3)が乱舞する事態となった。

その中で三木谷社長は何を思ったか、「細かいことで騒いでいるのは少数派ですよ」「コボの出足は大成功、ネガティブな口コミは誤情報だから消し、内容を吟味して再掲載する」などユーザを無視し、出版社の方のみを向いた強気の発言を繰り返している。

誰かLife is beautiful: 反面教師としての三木谷発言をプリントアウトしてラインマーカ引いて三木谷社長の机の上に置いてきてほしい。このネット世界において、ユーザを敵に回すことがどれだけ商売上不利になるのか分からないわけではないだろうに。低評価レビューの隠蔽など言語道断と言えるだろう。

さて、端末は酷い有様だったが、サービスも酷い状況だ。当初3万点を用意するとされていた日本語書籍だが、フタを開けてみると当初のラインナップは約2万点、しかもそのうち1万点余が青空文庫の無料作品という有様だ。この状況に対し、楽天の本間執行役員および三木谷社長は順に次のように釈明されている。

日本語書籍の点数は、出版社との関係をベースにはじき出したもので、水増ししようとしたわけではありません。日々追加しており、実際にその数字に近づいています。7月中には必ず、3万タイトルに到達します。

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか

出版社との契約自体は終わっているが、出版社にチェックしてもらう作業が終わっていない。待ちがあるという状況だ。7月中には3万点をそろえられるし、8月末には6万点、今年末に20万点までいく。

当面のペースとしては、1日1000点ずつ増やす。コンテンツもマンガに限らず、テキストのものを増やしていく。

コボの出足は大成功、ネガティブな口コミは誤情報だから消し、内容を吟味して再掲載する――楽天・三木谷浩史社長

7月中に3万点。最初に大嘘をついた楽天だが、役員と社長が7月中には3万点揃えると約束したわけだ。ここで8月1日AM0:00時点における日本語書籍の点数を数えてみよう。


リンク先を見る


日本語書籍で絞ってみるとわずか22,176件。進捗率は74%だ。しかもそのうち青空文庫等の無料コンテンツで水増しされた分が12,565件。日本語の有料コンテンツは9,611件と1万件にも満たない。率直に言ってわずか1万件では自分が欲する本が手に入る可能性は極めて低い。コンテンツのない端末などただの板だ。

このように、楽天koboはまた約束を反故にした。予想通りというしか無い。

koboストアのトップページには次のようなバナーが貼ってある。7月のマイルストンは最初から諦めたのか特に言及はない。


リンク先を見る

8月中に6万点、今年中に20万点ということだが、一体誰がオオカミ少年の言うことをいつまでも信じるのだろう?まあ、あまり期待せずにまずは8月末を待ってみることとしたい。個人的感覚から言えば、先行する電子書籍サービスが現在提供している6万点程度までは既に出版社のライセンス関係が整理されているだろうからそれなりにスムーズに進捗できるだろうが、それ以降をどれだけ順調に伸ばせるかは悲観的だ。もっとも、良い意味でkoboが予想を裏切り、日本の電子書籍の世界に風穴を空けてくれることを期待する気持ちも少しは残っているのだけど。

あわせて読みたい

「Kobo」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。