記事

妻に先立たれた85歳田原総一朗氏「仕事がなかったら死んでた」

田原総一朗氏は2004年に最愛の妻を亡くした(時事通信フォト)

「野村克也さん(享年84)の晩年の姿は、昔の自分のようで見ていられませんでした」──そう振り返るのは、2004年に乳がんで最愛の妻・節子さん(享年67)を亡くしたジャーナリストの田原総一朗氏(85)だ。

 田原氏と名将・野村監督は、本誌・週刊ポスト2019年1月1・4日号で「男おひとりさまの老後」をテーマに対談していた。

「やっぱり女房を失くせば寂しいものですよ。僕は彼女に仕事のことも家庭のこともすべて任せきりで、本音で相談できる唯一の“同志”でした。

 闘病中は時間が許す限り看病して、着替えを手伝ったり、入浴時には僕も素っ裸になって、女房を抱っこして洗ってあげることもありました。若い頃に戻った気がして、どこか楽しかった。沖縄や韓国など、旅行もいろんな所に行きました。

 そんな女房が亡くなったときは自分の体が半分なくなるほどショックを受けて、『もう死ぬしかない』とまで思った。対談で『人生終わりだと思った』『脱け殻になってしまった』と話していた野村監督の気持ちが、痛いほど分かりました」

 田原氏は節子さんの遺骨を手放せず、死後3年にわたって自らのデスクに置き続けた。

 寂しさのあまり、しょっちゅう箱を開けて遺骨を触っていると、知人の僧侶から「それでは奥さんが安眠できませんよ」と諭され、ようやく墓に納骨した。

 失意の田原氏を救ったのは「娘」と「仕事」だったという。

「僕と野村さんとの違いは娘がいたことです。野村さんも息子夫婦が面倒を見てくれていたそうで、とくに息子さんの奥様はとても良くしてくれたと聞いていますが、やはり気を遣ってしまう部分はあったと思う。娘はほとんど女房と化していて、僕のことを本気で怒ります(苦笑)。でも、それがありがたいんです」

 常に気にかけて、時には叱ってくれる人が身近にいることが救いだったと田原氏は言う。

 また、趣味がなく酒も飲まない田原氏は、仕事こそが悲しみを忘れさせる手段だったと強調する。

「仕事がなかったらとっくに死んでいますよ。いまでも休みを取るのが怖くて、1年のうち休日は『朝まで生テレビ!』の元旦特番を終えた1月2日だけです。『この歳になって深夜放送は体に悪いのでは』とよく聞かれるけど、ここで死ねれば本望です。できれば『朝生』の本番中にポックリ逝きたいものです。

 リタイアして女房を亡くした人も、何か夢中になれるものを見つけると変わりますよ。男は家にいる時間が長いほど、女房のことを思い出してしまいます。地域貢献やボランティアでも何でもいいから、家の外で打ち込めることを探してほしい」

※週刊ポスト2020年3月13日号

あわせて読みたい

「田原総一朗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  10. 10

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。