記事

バイデンの蘇生で俄然面白くなった米大統領選

 一度は終わったと思われていたバイデンが復活した。

 陰の功労者はバイデンを支持して電撃的に撤退したブティジェジだ。

 ブルームバーグまで撤退したことによって、民主党の候補者争いはバイデンとサンダースの一騎打ちになった。

 サンダースが民主党候補者になってトランプと戦う大統領選も見てみたいが、やはりトランプとバイデンの方が面白い。

 何しろトランプが一番嫌がっているのがバイデンだからだ。

 きょう3月6日の日経新聞が書いてる。

 トランプ大統領は再選の脅威と見なして来たバイデン氏の再浮上に警戒感を強めていると。

 それはそうだろう。

 弾劾を免れたと思ったウクライナ疑惑が大統領選で再浮上するからだ。

 私はまだ大統領選が本格化する前に書いた事があった。

 バイデンはトランプ大統領と刺し違えろと。

 つまりトランプ大統領はウクライナ疑惑を責められた時、すかさずバイデンの息子のウクライナ疑惑を騒いでバイデンを貶めようとした。

 禁じ手ともいえる最強の反撃だ。

 如何にバイデンを警戒していたかだ。

 私はこの時バイデンは苦しい立場に立たされると思った。

 いっそのこと、自らを捨てて、民主党候補を他の誰かに譲り、そのかわりウクライナ疑惑を徹底追及してトランプの再選を阻止したらどうかと書いた。

 トランプと刺し違えろと書いたのだ。

 しかし今度は違う。

 堂々と大統領選でどちらの疑惑が米国にとって国益を損なうか。

 それを世界が見てる前で明らかにするのだ。

 刺し違えるのではなく、肉を切らせて骨を穿つのだ。

 もしバイデンが民主党候補になるなら、ウクライナ疑惑が最大の争点になる。

 トランプ大統領がもっとも避けたい大統領選だ。

 そういう大統領選になれば面白い。

 やはりアメリカの大統領選は、いつもドラマになる(了)

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  6. 6

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。