記事

バイデンの蘇生で俄然面白くなった米大統領選

 一度は終わったと思われていたバイデンが復活した。

 陰の功労者はバイデンを支持して電撃的に撤退したブティジェジだ。

 ブルームバーグまで撤退したことによって、民主党の候補者争いはバイデンとサンダースの一騎打ちになった。

 サンダースが民主党候補者になってトランプと戦う大統領選も見てみたいが、やはりトランプとバイデンの方が面白い。

 何しろトランプが一番嫌がっているのがバイデンだからだ。

 きょう3月6日の日経新聞が書いてる。

 トランプ大統領は再選の脅威と見なして来たバイデン氏の再浮上に警戒感を強めていると。

 それはそうだろう。

 弾劾を免れたと思ったウクライナ疑惑が大統領選で再浮上するからだ。

 私はまだ大統領選が本格化する前に書いた事があった。

 バイデンはトランプ大統領と刺し違えろと。

 つまりトランプ大統領はウクライナ疑惑を責められた時、すかさずバイデンの息子のウクライナ疑惑を騒いでバイデンを貶めようとした。

 禁じ手ともいえる最強の反撃だ。

 如何にバイデンを警戒していたかだ。

 私はこの時バイデンは苦しい立場に立たされると思った。

 いっそのこと、自らを捨てて、民主党候補を他の誰かに譲り、そのかわりウクライナ疑惑を徹底追及してトランプの再選を阻止したらどうかと書いた。

 トランプと刺し違えろと書いたのだ。

 しかし今度は違う。

 堂々と大統領選でどちらの疑惑が米国にとって国益を損なうか。

 それを世界が見てる前で明らかにするのだ。

 刺し違えるのではなく、肉を切らせて骨を穿つのだ。

 もしバイデンが民主党候補になるなら、ウクライナ疑惑が最大の争点になる。

 トランプ大統領がもっとも避けたい大統領選だ。

 そういう大統領選になれば面白い。

 やはりアメリカの大統領選は、いつもドラマになる(了)

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  2. 2

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  3. 3

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  4. 4

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  5. 5

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  6. 6

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  7. 7

    東京中心・東京目線のコロナ対策 石破茂氏「意図的にすら思える」

    石破茂

    04月16日 18:54

  8. 8

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  9. 9

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  10. 10

    関係者からは「何を言っているんだろう」波紋を呼ぶ二階氏“五輪中止も選択肢”発言

    ABEMA TIMES

    04月16日 22:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。