記事

日本の1月消費支出は3.9%減、暖冬でレジャー・家電振るわず

[東京 6日 ロイター] - 総務省が6日発表した1月の家計調査によると、2人以上の世帯の実質消費支出(変動調整値)は前年比3.9%減の28万7173円となった。暖冬により、スキーなどのレジャーや冬物家電での消費支出が減ったことが影響した。ロイターの事前予測調査では同4.0%減が予想されていたが、予測をわずかに上回る水準にとどまった。

総務省によると「記録的な暖冬で、さまざまな費目の支出が減少した」という。新型コロナウイルス感染拡大の影響については、調査実施時点で大きな影響はみられなかったと説明した。

季節調整済み実質消費支出は前月比1.6%減だった。

<暖冬でレジャー、冬物家電の需要減>

費目別では、エアコンやストーブなど家具・家事用品が前年比11.7%減、ガソリンなどの自動車等関係費を含む交通・通信は7.9%減。暖冬でエアコンやストーブなどの需要が減ったほか、1月の後半は天候不順でスキーなどのレジャー需要も減少し、ガソリンの支出が減った。

外国・国内パック旅行などを含む教養娯楽は6.1%減。香港の情勢不安や日韓関係の悪化で、香港や韓国向けのパック旅行は減少傾向となっている。

そのほか、私立大学・高校などの授業料等(前年比13.1%減)などが減少した。

パソコン・テレビなどの教養娯楽は同6.1%減だったが、教養娯楽用耐久財の質増減率への寄与度としてはプラス。ウィンドウズ7のサービス終了に伴いパソコンの買い替え需要が高まったほか、東京五輪開催を控えていることや、11年に開始された地上デジタル放送から約10年経ったことでテレビの買い替え需要も増加した。

<増税後の反動減は回復、今後は新型肺炎の影響に警戒>

今回の調査結果について、総務省は「増税後の反動減から回復しているが、引き続き今後の動向に注視が必要」と指摘。前回2014年4月の増税時と比較すると、3カ月経った同年7月は前年比5.9%減だったのに対し今回は同3.9%減で、「前回の増税時の反動減ほど悪くはない」とみている。

新型ウイルスの感染拡大については「現時点で(消費への)大きな影響はみられない」(総務省)。ただ、マスクなどを含む「保健用消耗品」の項目は前年同月比17.8%増加したという。

2月以降は新型ウイルス感染の影響がさらに出てくるとみられる。総務省は「外出の自粛ムードが高まっていることで、教養娯楽などの消費支出に下押し圧力がかかるのではないか」と警戒感を示した。

(浜田寛子 グラフ作成・編集:田中志保)

あわせて読みたい

「消費」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。