記事

習近平訪日延期を乗り切った安倍首相

 きのう3月5日、ついに習近平主席の訪日延期が日中両政府によって正式に発表された。

 この問題について何度も書いて来た私としては、やはり最後に一言書かなければいけない。 きょうの各紙の報道を見て、私は安倍首相はうまく乗り切ったと思った。

 パフォーマンスの機会を失った事は残念だったろう。

 しかし、降って湧いたコロナ騒ぎだ。

 しかもコロナ騒ぎの発火点、責任者は中国だ。 訪日を延期しなければいけなかったのは習近平の方だった。

 その中国の顔をたてて最後まで中国の出方を待った。

 そして延期の正式発表も、中国が発表した3時間後だったらしい。 最後まで中国の顔を立てたのだ。 中国が文句を言える余地はまったくなかったのだ。 おまけに、習近平主席の国賓訪日に反対する身内の保守派の批判をかわす一方で、そもそも反対だった野党、メディア、世論からは、延期になった事についての批判は起こらない。

 そして、肝心の訪日成果を示す第五の文書作成について、その内容で中国との間で苦慮していたのに、そして、その合意のめどが立たないから準備が遅れていたのに、コロナ騒ぎのせいで準備が間に合わなかった事にできた。

 そして次の訪日日程は早くて秋以降だ。 場合によっては来年以降になる。 その頃には自分は首相ではない。

 けちのついた習近平主席の訪日を自分の手で行う事に頭を痛める必要はもはやなくなったのだ。 自分の手で迎えるというパフォーマンスが出来なかった事は残念だったが、その代り、真っ先に国賓に招待して忠誠をつくしたトランプには喜んでもらえる。

 これが一番重要だ。

 安倍首相にとって決して損になる習近平主席の訪日延期ではなかったということである(了)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  3. 3

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  8. 8

    「ドラゴン桜2」延期報道のワケ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    雅子さまが令和の皇后像を築くか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。