記事

3月5日(木)ムネオ日記

 アメリカ大統領選挙、民主党の候補氏名争いを占うと言われたスーパーチューズデー、14州での結果はバイデン前副大統領がサンダース上院議員を制している。遅れて大統領候補指名に参戦したブルームバーグ前ニューヨーク市長は支持を欠き、撤退すると報道されている。

 民主党の大統領指名争いで顕著なのは、バイデン氏77歳、サンダース氏78歳、ブルームバーグ氏78歳、女性のウォーレン上院議員は70歳である。

 トランプ大統領も今年74歳であり、アメリカ大統領選挙は人生経験ある人たちでの選挙になる。

 アメリカでは「チャンプ」「アメリカンヒーロー」という言葉がよく出てくる。政治の世界でもケネディ、クリントン、オバマと40代の若い大統領が誕生し、歴史をつくってきた。今年の大統領選挙は、老練、老獪な経験者同士での闘いになる。

 アメリカの奥深さを感じながら、7月に誰が民主党の指名争いに勝ち残り、トランプ大統領と渡り合うのか、よくよく見ていきたい。

 大富豪と言われるブルームバーグ前ニューヨーク市長は4億ドル(430億円)もの自己資産を使い、選挙活動してきたと報道されている。

 アメリカの選挙では、何百億ものお金を使っても批判される事はない。日本でブルームバーグ氏のようにお金を使うとなんと言われるだろうか。

 かつて田中角栄先生が自民党総裁選挙で数億のお金を使って「金権」とか「拝金」とか言われ、短命で終わってしまった。

 アメリカの文化と日本の文化は、これほど違うのかと驚きながら、国力においてもこれほどの差があると考えるのは、私だけだろうか。

 読者の皆さんはいかがお考えだろうか。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。