記事

日本公認会計士協会 手塚正彦会長「決算発表の延期を議論する」

日経電子版(2020/3/4)より。

日本公認会計士協会の手塚正彦会長は4日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「決算発表の延期が必要かどうかを証券取引所や金融庁と議論する」との考えを示した。在宅ワークや臨時休業で企業の決算作業が遅れる懸念がある。監査法人側でも感染者が発生した場合に監査手続きが滞るリスクを踏まえた。

延期の期限は「現時点で具体的には(想定を)持っていない」と話した。2011年の東日本大震災時には、通常は期末から45日以内とされている決算発表について、東京証券取引所が延期を認めた事例がある。

手塚会長は事業年度の終了後3カ月以内の開催が求められている株主総会についても「開催に向けて実務的に困難な問題がある」との考えを示した。

上場企業を監査する監査法人の多くが2週間ほど在宅勤務を実施していることによる期中・期末監査の進捗に問題がないのかも気になります。取引所も金融庁も総務省も国税庁も柔軟な対応をしてもらいたいものです。

あわせて読みたい

「決算発表」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。