記事

なぜ教師は「働き方」を知らないのか――「学校のリアル」を教えない教員養成の問題点 - 『迷走する教員の働き方改革』著者、髙橋哲氏インタビュー

1/2

学校の多忙化が問題になって数年。様々なメディアが報じるなか、公立学校の教師には、民間企業とも、また他の公務員とも異なる特殊な待遇が定められていることが、社会的に知られ始めている。

しかし、この前提となる法制度「給特法」は、これまで大多数の教員も十分認識してこなかった。その理由として、教員免許を取得する教職課程において、給特法などの教師の労働状況が十分教えられてこなかったことが挙げられるだろう。

こうした教職課程の状況は、どのような問題を生んでいるのか? 問題化され、改革を余儀なくされる教員の働き方に、教員養成課程はどのように寄与しうるのか? 教育法学・教育行政の研究者で、『迷走する教員の働き方改革』の著者の一人である髙橋哲氏(埼玉大学)に、働き方改革と教員養成の関係について話を伺った。(聞き手・構成 / 岩波書店、大竹裕章)



教員が労働状況に自覚的でないのは「当然」

――近年、教員の働き方改革の議論が進む中、SNS上で学校の働き方について情報発信する教師でさえ、「これまで給特法のことを知らなかった」「勤務時間がいつからいつまでか、休み時間があるのかも考えたことがなかった」と発言しています。教育法学の専門家として、こういった言葉をどう考えますか?

多くの教員が自分の労働状況をよく知らないのは、無理もないことだと思っています。それには2つ理由があります。

まず、かつては組合で教員の労働について教わる回路がありました。労働者としての知識や、産休・育休などの権利について、組合の同僚や勉強会を通じて教えてもらう機会があったのです。

2020年現在、教員の組合組織率はぐっと下がり、3割にすぎません。最大組織である日本教職員組合(日教組)でも全体の2割程度。教師になってから給特法をはじめ教師の労働法や権利について知る機会は大幅に減ってしまいました。

そしてもう1つが、大学で労働条件について学ぶ機会がほとんどないためです。これから公教育の労働市場に出ていく学生に、教職課程では労基法を始めとする労働法、および、教員独特の制度のもととなる給特法などを学ぶ場がなかったのです。

学生の段階でも学ばず、現職教員になっても教わる機会が少ない。ですから、教員が給特法について知らないのは、個々の教員の勉強不足ではなく、構造的な問題なのです。

教員養成課程で学ぶこと、学ばないこと

――教員養成課程で、公立学校教諭独特の労働条件について学ぶ機会がないのはなぜなのでしょうか? というより、そもそも教員養成課程では何を学んでいるのでしょうか?

先に後者の問いからお答えします。ごく簡単にまとめると、教員免許を取得するためには、教員養成の課程認定を受けている大学で、教育職員免許法施行規則に示された授業科目の単位を取得することが基本条件となります。

単位取得において必要とされる授業科目は、教科やその指導法、教育の理念や制度、子ども理解、道徳や生徒指導、教育実習などです。教育職員免許法・同法施行規則の改正を経て、2019年以降の教職課程に必要な単位の構成は、別表の通りとなっています(表は中学校の場合)。

2019年度より実施されている教職課程の単位認定(中学校)

――この中で、教師の労働環境について学ぶ科目に当たるのはどれですか?

強いて言うと、大きな区分「教育の基礎的理解に関する科目」のロ「教職の意義及び教員の役割・職務内容」か、ハ「教育に関する社会的、制度的または経営的事項」でしょう。科目名は大学によりますが、「教職論」「教育行政論」「教育制度論」等でしょうか。

給特法が大学で教えにくい現状

ただし、教師の労働者としての側面について教えている大学は、非常に少ないと考えられます。

というのは、上記の改正後の教職課程では、大学が課程認定を得るための「教職課程コアカリキュラム」という指針があるのですが、教職課程で開設される授業はこれに則る必要があるのです。上記コアカリキュラムのうち、ロ「教職の意義及び教員の役割・職務内容」について示された「一般目標」を一部ご紹介しましょう。

(1)教職の意義:我が国における今日の学校教育や教職の社会的意義を理解する。
(2)教員の役割:教育の動向を踏まえ、今日の教員に求められる役割や資質能力を理解する。
(3)教員の職務内容:教員の職務内容の全体像や教員に課せられる服務上・身分上の義務を理解する。
……

――以降も続きますが、教員に求められる役割や義務という側面が目立ちますね。教員に何が認められている、どういう権利がある、といった記述はコアカリキュラムにはないのでしょうか?

全くありません。他にも記述を見ていくと、「学校経営の望むべき姿を理解している」「教育関係法規を理解している」「PDCAの重要性を理解している」といった、組織の歯車としての側面を強調する目標ばかりです。

教職課程認定を得るためには、この記述に合致する授業を開設しないといけません。すると自ずと、教員の義務や求められる教師像にばかり言及される授業になってしまうのです。

私が専門とする教育法学に関しても、上記のような服務上の義務や法制度には必ず触れないといけませんが、権利については触れる余地が少ないのです。昨年私は、教職課程用のテキスト『現代の教師論』(ミネルヴァ書房)の2章分を執筆し、給特法や教師の権利・分保障、超過労働や部活動の法律上の位置づけ等についても言及しましたが、これらをしっかり論じたテキストは他にまずないと思います。せいぜい、給特法という法律がありますよ、と触れる程度に留まるようです。

法改正で労働面への言及が更に困難に

――制度改正は2019年から実施されましたが、こうしたコアカリキュラムのような文章と、教職課程認定のための授業とで整合性を求めるしくみは、以前から存在していたのでしょうか?

課程認定のための基準は当然ありましたが、今回のコアカリキュラムのように、国の定めた指針との厳密な適合を求めるものではありませんでした。ですから今後、これまで以上に国の指針に従った授業内容にする必要が出てきます。となると、給特法や労働法を授業で教えるのは、さらに難しくなるでしょう。

余談ですが、こうした教職課程認定を得るプロセスにおいては、コアカリキュラムだけでなく、学習指導要領の記述に合致した授業であることが求められます。そうなると問題なのは、課程認定から外れる大学・学部が増えていくことです。

これまでは、理学部や経済学部の学生が幅広く単位を取ることで教員免許を取得し、専門知識を有した教師として高校で教えたり、あるいは小学校で学問への入り口を子どもたちに示したりするようなことが可能でした。ですが上述の法改正で、課程認定のための授業開設のハードルがぐっと上がります。

例えば、改正前は教科内容に関わる講義としてマクロ経済学を学び、経済学という専門領域への素養を高めて教職に資することが認められていましたが、法改正後、そのような授業では課程認定が下りにくくなる傾向があります。「マクロ経済学と学習指導要領がどう関係するのか」「マクロ経済学の授業を小・中・高の指導とどう関連付けるのか」というところまで問われるようになっています。

経済学部の先生は経済学の各領域の専門家であり、学習指導要領の専門家ではありません。ですから、むりやり教育と関係付けるような授業を開設することは困難です。結果、多くの大学・学部が課程認定から外れることになりました。

――となると、その学部に所属している学生が教育実習に行き他学部の単位を取得することで、教員免許を取ることはできないのですか?

所属学部が課程認定を得ていない限り、教員免許は取得できません。ですから、教育学部などの教員養成学部以外から教員になるルートはぐっと狭まる可能性があります。結果、各学部の専門領域を学んだ経験をもつ教師が、現場に入ることが難しくなることが考えられます。これは、特に中学校や高校の教師の多様性を担保する上で、由々しき事態です。

教師の「リアル」を教えてはいけない?

もう少しシビアな話をすると、大学によっては、「学生を不安にさせて終わる授業ではなく、魅力や良さが伝わる授業にしてほしい」といったことを大学教員に求めています。その理由は単純で、教育大学・教育学部の卒業生を、できるだけ多く教師にさせたいからです。

例えば私の勤める埼玉大学の教育学部は、現在定員が380名です。ここ数年、教師の過重労働の現状が知られ、かつて卒業生の60%以上が教師になっていたのに、現在は50%程度まで下がりました。数年前までは定員が480人だったことを考えると、教師を志望する人数の減は著しいものです。それを見ている文部科学省からは、「国立大学には私立と比べて多くの税金が投入されている、なのに半数しか教員にならないとは税金の無駄遣いだ、学生の志望率をもっと上げよ」と指導が入ります。

そうなると、教師になりたくなる、ポジティブなメッセージだけを伝えるようにしよう、という大学の判断が出てきます。ゆえに、教師には時間外労働が認められておらず、残業代が出ないということにつながる給特法や、労働状況の話のようなネガティブな話は避ける、ということになってしまう。

――いい面だけを強調して悪い面を隠している、と。言い方は悪いですが、学生を騙しているようにも聞こえますが……。

文部科学省は、学校の過重労働状態を改善できていないのに、それを知って教員志望者が減っていることを大学の努力不足としています。これは、無責任のそしりを免れないと思います。

そもそも、教員養成課程の役割は、何が何でも学生を教師にさせるということではありません。20歳未満で教育学部に入学した学生が、4年をかけて教職について学んでいく中で、自分の適性として向いていない、あるいは別の職業への適性を見出すことだって、当然あります。そういった「自分が教師に向いているか、教師としてやっていけるか」を判断・選択させるスクリーニングの側面も、教員養成課程にはあります。それに目をつぶり、志望率だけを上げようとするのは、悪徳商法のようなものです。

――お話を伺っていると、現在の教職課程の影響を見る限り、大学で労働について教えるのは相当ハードルが高いようです。それも、単に教えられていない現状があるだけでなく、今後さらに教えにくくなってしまう。

私自身は教育法学の専門家として、授業でも労働三権のことや、給特法のことにきちんと触れる講義やゼミを実施していますが、上記のコアカリキュラムの指針からすると、大半の大学教員が敬遠しがちになることは自然です。個々の教員や大学の問題ではなく、国の政策として、教えないような構造になっているわけですから。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。