記事

教員の働き方が非効率なのは「タイムカードがない」からだ

1/3

昨年、一部の専門職で労働時間の規制を外す「高度プロフェッショナル制度」が始まった。この制度では「残業代目当ての居残り」はできない。しかし、この仕組みを事実上先取りしている公立学校では、教師の長時間残業が問題になっている。なぜそんなことになってしまったのか――。

※本稿は、江澤隆輔『先生も大変なんです いまどきの学校と教師のホンネ』(岩波書店)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです

「高プロ」を先取りしている仕事があった

2019年4月に始まった、高収入の一部専門職を対象に労働時間の規制から外す仕組み「高度プロフェッショナル制度」。労働時間と給与の関係を切り離すこの制度には、際限のない長時間労働を生む可能性が懸念されている。同時に、現在は1075万円以上とされている年収要件が引き下げられるなど、幅広く適用される恐れも指摘され続けている。

実は、この高プロに酷似した労働条件を、50年前から導入している職業がある。それが公立学校の教師だ。現役の公立学校教師である江澤隆輔氏は、こうした「定額働かせ放題」の制度が、非効率で長時間労働の学校現場を生み出していると指摘している。江澤氏の著書『先生も大変なんです いまどきの学校と教師のホンネ』から、実態を紹介する。

「タイムカード」を見たことがない

ふつう、会社員が朝出勤して最初に行うことは、タイムカードへの打刻だと思います。物理的にタイムカードがない企業でも、個人のパソコンのログイン時間などの方法で、出勤時間と退勤時間を記録していると思います。その記録は、勤務時間の把握や残業代の計算に当てられ、管理職による労務管理の大事な資料になっていると思います。

ここまで「思います」としたのは、実は教員である私は「タイムカード」を見たことがないからです。これは、私が勤務してきた学校が特殊だったということではありません。少なくとも最近まで、タイムカードのある公立学校はほとんど存在していませんでした。

教師は勤務時間をどのように管理しているのでしょうか。それは、「押印」です。職員室には出勤簿という冊子がおかれており、朝にはその日のページが開いた状態になっています。それぞれの先生は、毎朝出勤したらそこにすぐに印鑑を押すだけです。退勤の時は、特に手続きはありません。

何時間働いているのかがわからない

この手続きで分かるのは、「その日〇〇先生が学校にきたのかどうか」ということだけです。朝何時何分に出勤してきたか、また何時に退勤したのか把握するツールがないのです。極端なことを言えば、遅刻して定時に退勤した教師と、早朝から部活の朝練で出勤し、夜中まで担当する行事の準備で残っていた教師との間に、書類上違いが記録されていないことになります。

さらに言うと、学校によっては「押印」すら行っていないことが分かっています。平成28年に実施された教員勤務実態調査によると、小学校では35%、中学校では46%の学校で、出勤の確認は「目視・報告・点呼」のみとなっています。記録として出勤の状況が残ってすらいないのです。

ですから、もし過労死などの重大な災害が起こった場合、教師の勤務時間を客観的に証明することが難しい状況で教師は働いていることになります。

残業代がないから、労働時間を測る必要がない

なぜ、タイムカードがない学校ばかりなのでしょうか。一言でいうと、公立学校の教師には残業代がないからです。

普通、所定の勤務時間を超えて働く場合には、時間外労働手当(残業代)が発生します。給与額を時間換算で1.25倍(深夜の場合は1.5倍)にあたる額を支払うもので、当然公務員にも適用されます。ですが、公立学校の教員にはあてはまりません。

これは、通称「給特法」という法律に基づいています。ごく簡単にいうと、教師の仕事の特殊性に鑑みて、給与総額の4%にあたる教職調整額を上乗せする、その代わり時間外手当を支払わない、というものです。これは、1週間あたり2時間程度、月に8時間程度の時間外労働分に相当します。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  9. 9

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。