記事

【特別対談】「三菱電機」「ソフトバンク」が突きつけた「スパイ天国」日本の脆弱性(下) - 山田敏弘 小泉悠

1/2

通商代表部が入る在日ロシア大使館(C) 時事通信フォト

9時-5時で働く中国のサイバー部隊(撮影:平野光良、以下同)

小泉悠 『世界のスパイから喰いモノにされる日本』(講談社)では、中国人民解放軍のサイバー攻撃部隊が「9時-5時」で働いていることが紹介されています。これは意外でした!

山田敏弘 会社員みたいですよね(笑)。彼らは旧正月になると休むので、その時期はサイバー攻撃が一気に減ります。重要な人材なので大事にされているのでしょう。

 ちなみに北朝鮮では、全国から若者を青田買いして、平壌に80坪ほどの一軒家を与えたりしているそうです。彼らは自由にインターネットにアクセスできる。それは北朝鮮ではものすごい特権です。

小泉 イギリスのMI6(秘密情報部)では、スパイ(エージェント)は結婚もしてはいけないし、決まった恋人もつくってはいけないのですか。

映画でお馴染み「007」は上から3番目

山田 MI6には現在、2500人以上が勤務していますが、マネジメントポジションのスパイは50人以下しかいません。彼らは「007」「008」「009」といった形でランク付けされており、最高位が「009」。映画でお馴染みの「007」は上から3番目で、「009」のランクのスパイは最も数が少ないと言います。

 彼らは誰とも個人的な関係を持ってはいけないので、結婚もダメ、子供もダメ、特定の恋人もダメ。ただルールブックや規則に書かれているわけではなく、それが長く共通認識になっている。誰も信用しない「ゼロトラスト」が基本原則。それでも普通に生活しているそうです。

 MI6が閉鎖的なのに対し、CIA(米中央情報局)はオープンで、家族にも自分の身分を明かしますし、OB会も頻繁に開く。日本でもCIAなど元情報機関関係者のネットワークがあり、たまに集まっていますよ。

国の成り立ちが見えるインテリジェンス

小泉 ロシアでもKGB(ソ連国家保安委員会)のOB会が開かれるのですが、これには遅刻魔のウラジーミル・プーチン大統領も絶対に遅刻しないそうです(笑)。

山田 ロシアには、旧KGB系の「対外情報庁(SVR)」と軍参謀本部の中にある「偵察総局(GRU)」と2つの系統がありますが、ロシアの国民は諜報機関というものをどう見ているのでしょうか。

小泉 KGBの源流はレーニンが作った「非常委員会(ChK)」で、ヨシフ・スターリン時代にはこれが「内務人民委員部(NKVD)」になった。NKVDはスパイ機関であると同時に国内取り締まり機関でもありましたが、何よりもスターリンの大粛清の先鋒でした。

 ロシア国民の中には、NKVDに端を発する情報治安機関が恐ろしい抑圧の記憶と結びついている部分がものすごくあると思います。

 モスクワのクレムリンのすぐそば、ルビヤンカ広場にあるFSB(連邦保安庁)本部の前に、大粛清で殺された人の名前が彫られた石碑が建っています。いろいろな節目に「NKVDによる抑圧を忘れるな」という催しが開かれるのですが、プーチン大統領の庇護を得て大きな顔をしているFSBといえども、その像を撤去することはできません。

 ロシアの歴史は秘密警察の歴史です。広大な範囲を力で押さえつけて統治しているというスタイル上、国内を監視する情報機関というものが権力と表裏一体に存在してきました。

 対外情報活動も、当初は革命時に外国へ逃げた白軍(反革命派)を偵察するためのものでした。世界中でスパイ活動がはじめられるようになるのは20世紀、それもソ連が成立して安定した1920年代以降だと思います。

 そういう伝統からすると、ロシアの権力者とか国民意識の中に、良くも悪くも情報機関が深く根付いていると言えるでしょう。

各国と日本のインテリジェンスを比較すると――

山田 インテリジェンスからはそれぞれの国の成り立ちが見えてきます。

イスラエルのモサド(諜報特務庁)は、対外的な脅威を把握するための集団が自然発生的に生まれ、そこから発展したと言います。

 では日本の場合はどうかというと、MI6やCIAのカウンターパートとされる総理直轄の内閣情報調査室(内調)、警察庁の公安部門、法務省外局の公安調査庁(公調)、防衛省の情報本部、さらに外務省などが情報活動を行っていますが、対外的な諜報機関はありません。

 彼らは「情報はCIAやMI6からもらっている」と言いますが、当のCIAやMI6 の人たちに聞くと、「自分たちの利益になる情報しか日本には渡さない」と言う。

 国民が承認した税金で、国民の生命財産を守るために命をかけて集めた情報を、同盟国だからと言って簡単に他国に渡すわけがありません。また、諜報機関の間で、情報はギブアンドテイクが鉄則。貴重な情報を国外からもらっているなら、どんな情報を日本は「ギブ」しているのだろうかと考えてしまいます。

ロシア人の恋人が防衛庁で編み物

小泉 日本人がここまでインテリジェンスに気を使わなくても平穏無事に暮らしてこられたのは、幸いなことだと思います。

 ロシアやイスラエルのように、強力なインテリジェンスをやっていないと国が滅びるかもしれないという緊張感の元で暮らすのは、あまり幸せなことではありません。

 平和ボケと言われるかもしれませんが、いいじゃないですか。ただ、度が過ぎると国を脅かす恐れがあるのも確かです。

 僕の知り合いで冷戦時代に防衛庁に勤めていた人がいるのですが、彼は防衛庁職員でありながら、ロシア人の恋人がいた。今は結婚していますが、彼女は当時、防衛庁内で編み物をしながら、彼の仕事が終わるのを待っていたそうなのです。守衛さんもすっかり顔馴染みで、「何々さんの彼女さん、どうぞ、どうぞ」と言って入れてくれたらしい。たまたま彼女が悪意のないロシア人だったのでよかったものの、冷戦時代ですよ(笑)。

 2010年にアメリカで摘発されたアンナ・チャップマンや、最近摘発されたマリア・ブティナといった女スパイは、そうやって食い込んで行ったわけですから、ハニー・トラップを仕掛けてくることだってあるのだということを分かっておかなければなりません。

山田 日本に本格的な情報活動の体制が整わない1つの原因は、セクショナリズムでしょうね。情報活動を行っている内調や公安、公調といった機関同士の横のつながりがあまりありません。

「国家安全保障会議(日本版NSC)」では外務省と警察庁の主導権争いが起きていますし、2015年に発足した「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」でも、立ち上げに関わった人によると、防衛省や警察庁、経済産業省や総務省が絡んできて、誰がトップを務めるかでかなり揉めたそうです。

 NISCに関して言えば、セキュリティ関係の専門家からの評価は散々で、僕が「日本の司令塔ですから」と言うと、「あんなものは司令塔じゃない!」と言われます(笑)。

日本のエリント・シギント能力

小泉 日本独自の対外インテリジェンスが育つには、かなりの時間がかかるとすると、我々はまだしばらくの間、CIAやMI6から対等に扱ってもらえません。

 では、どのようにして我々は彼らに対してプレゼンスを主張していくのか。

 それはおそらく世界の3大懸念国である中国、ロシア、北朝鮮に接しているという地の利を活かしたシギント(通信、電磁波、信号などの傍受)やエリント(電磁波傍受)、あるいは日本国内にいるこの国の人たちの情報ですよね。その辺で勝負していくしかないと思いますし、現状もおそらくそれで勝負しているのでしょう。

山田 日本の能力はどれほどと見ていますか。

小泉 日本は、北は北海道・根室から南は沖縄・宮古島まで大きな電波傍受拠点を置けていて、シギント能力、中でもエリント能力は相当なものと考えていいと思います。

 実際、1983年に大韓航空機がソ連に撃墜された際、ソ連の戦闘機の交信記録を全部取っていたのは自衛隊でした。

 そう考えると、日本は、基礎的なインテリジェンスはできているのではないかと思います。オープンソースのインテリジェンスは公安調査庁や防衛省情報本部がやっていて、これにエリント、シギントがある。国内では諸外国のスパイの行動確認もできている。

 ただ、民間企業や大学の穴を塞ぐ、外国で独自のインテリジェンスを展開するという課題が残っている。

 まるっきり落第ではなくて、通信簿で言うと、「頑張りましょう」という項目がいくつかあるというイメージでしょうか。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。