記事

【特別対談】「三菱電機」「ソフトバンク」が突きつけた「スパイ天国」日本の脆弱性(上) - 山田敏弘 小泉悠

1/2

「サイバー攻撃」に対する意識改革が必要(撮影:平野光良)

 中国による「三菱電機」へのサイバー攻撃と、ロシアによる「ソフトバンク」へのスパイ工作――。

 2020年1月に立て続けに発覚した2つの事件は、日本の重要な防衛・社会インフラに関わる情報がいとも簡単に外国の手に渡ってしまうという事実を突きつけた。

 あらゆるものがネットワークにつながっている今、サイバー攻撃は、国が組織的に行うインテリジェンスに欠かせない手段の1つとなっている。

 かねて「スパイ天国」と揶揄されてきた日本だが、日本人がこの言葉を自嘲気味に使う時、そのニュアンスはどこか楽観的だ。

 しかし、今年が東京五輪・パラリンピックの開催年であることを踏まえると、事件の深刻さがより現実感を伴って迫ってくるのではないだろうか。

「スパイ」も「サイバー攻撃」も他人事ではない

 フォーサイトでもお馴染みの国際ジャーナリスト・山田敏弘氏が上梓した『世界のスパイから喰いモノにされる日本 MI6、CIAの厳秘インテリジェンス』(講談社/2020年1月)は、アメリカのCIA(中央情報局)やイギリスのMI6(秘密情報部)、イスラエルのモサド(諜報特務庁)の実態を紹介するとともに、日本の脆弱性に警鐘を鳴らす良書である。

 そこで、著者の山田氏と、同じくフォーサイト執筆陣の1人でロシア軍事専門家の小泉悠・東京大学特任助教に、ロシアの例も交えながら、日本のサイバーセキュリティやインテリジェンスの課題について語ってもらった。

三菱電機から漏れた人材情報

狙われた三菱電機(撮影:平野光良、以下同)

山田敏弘 三菱電機は当初、サイバー攻撃を受けたことを発表せず、経産省には報告して内部で処理しようとしていました。さらに今年1月、サイバー攻撃を受けていたことが公になると、“社員らの情報が漏れただけなので、エネルギーや鉄道など重要インフラの機微情報は無事”と言っていたわけですが、今になって“防衛関連の機密情報が漏れた可能性がある”という話になっている。

 防衛関連の機密情報はもちろんのこと、社員の情報も「だけ」では済みません。

 三菱電機へのサイバー攻撃は、「Tick」と呼ばれるハッカー集団など、中国の複数の集団によるものと見られていますが、中国は今、「中国製造2025」に向けて5G(第5世代移動通信システム)や半導体といったハイテク人材を求めていて、韓国や台湾で巨額な資金を投じ、メーカーから人材を掬い上げている。

 今回、三菱電機から漏れたのは、まさにその人材に関する情報です。現職の社員だけでなく退職者やこれから入社する人たちのものもあったと言います。

小泉悠 結構、大変な情報ですよね。

山田 それでも機密情報が漏れていないから良かった、ということで済まされているところがあった。

中国にできた「ウクライナ団地」

小泉 日本では、大事な情報は会社の中にあるという感覚があり、それを扱っている人の方のセキュリティをあまり考えません。人にセキュリティ・クリアランスを与えるのではなく、部署や会社に与える。けれど、社員がその部署や会社からいなくなった後のことは分かりません、というのでは困ります。

 日本はまだ会社員にも自衛官にもきちんと給料が出ているからいいですが、ウクライナでは2014年のウクライナ危機によってロシアとの取引が激減し、軍需産業が破綻してしまいました。すると中国が、あるメーカーの社員を家族ごと引き抜き、中国の中にウクライナ語で生活できる団地をつくってしまった。

 中国になびいた人たちを「愛国心がない」「節操がない」と言うのは簡単ですが、生活ができなくなったら、人は簡単になびくと思います。

山田 認識が甘いですよね。インテリジェンスの「いろは」は、弱みに付け込むこと。あなたのニーズに応えてあげるから情報ください、というのが基本です。

小泉 この20年で日本は人件費を叩きに叩いた結果、平均所得で他のアジアの国に抜かれるところまできた。それでもまだ外国のスパイに寝返らないと思っているのか、と。人材にカネを付けるという発想をそろそろ取り戻しましょうよ、と思います。

山田 それがセキュリティにもつながる。

「ソフトバンク」は工作途中だった!?

小泉 ソフトバンクの事件はどう見ていますか。

山田 ロシアは、アメリカが「華為技術(ファーウェイ)」の5G機器を排除した際、自国への導入に名乗りをあげてファーウェイと手を組むことになりました。

 けれど、ファーウェイを導入すれば独占されかねないという恐れがある。それで自分たちでも5Gを開発しようとしている、というのが僕の理解なのですが、やはり技術力が足りない。そこでKGB時代からいる、テクノロジーを専門に狙うロシアのスパイ集団などが動く中、日本のソフトバンクもターゲットになったのではないかと考えています。

小泉 今のところ流出したデータは基地局の取扱説明書のようなものと言われていますが、これがもっと重要な情報につながっている可能性もあるのですか。

山田 その可能性もありますが、このような工作では最初は易しいところから情報を抜かせて、徐々に重要度の高いものへとハードルをあげていくので、工作の途中だった可能性の方が高いのかなと思います。

小泉 報道によれば、ソフトバンクの元社員がスパイからもらっていた報酬は、1回につき数万円程度。もっと大きな情報なら何百万円という話だったのかもしれませんね。

 2000年に海上自衛隊の三佐がロシアの海軍大佐に情報を渡していたとして逮捕される事件が起きました。「ボカチョンコフ事件」と呼ばれますが、このケースでは、教範レベルの資料で毎月数十万円をもらっていた。もっと工作が進んでいけば、実際の海自の運用に関する資料が何百万円単位で買われていたかもしれない。

 今回は数万円ですから、まだ工作が進んでいなかったのでしょう。

あわせて読みたい

「サイバーセキュリティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  4. 4

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  5. 5

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  6. 6

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  7. 7

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  10. 10

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。