記事

安倍政権の初動の遅れはインバウンド政策が背景にあったことは明らかだが、安倍批判を繰り返す朝日新聞が実はYouTubeで便乗商売してる件

1/2

WHOのテドロス事務局長は2日、スイスのジュネーブの本部で開いた会見で、感染が広がっている韓国、イタリア、イラン、そして日本について非常に懸念していると述べました。

あわせて、「8か国ほどでは最初の感染確認から2週間以上新たな感染が確認されておらず封じ込めができている」と、封じ込めは可能だという見方を示しました。

WHO「韓国 日本など非常に懸念」も「封じ込め可能」
2020年3月3日 7時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200303/k10012310821000.html

たしかに、3月4日現在、中国以外の感染者の多い国を列挙しますと、韓国5328人、イタリア2502人、イラン2336人、日本1001人(クルーズ船除くと296人)、フランス212人、ドイツ196人、スペイン165人、アメリカ122人、シンガポール110人、香港100人と、この10ヵ国・地域が100人以上の感染者が発生しています。

WHOのテドロス事務局長はこの状況を見て、中国を除いて感染者数の多い4ヵ国を名指しして懸念を示したのでしょう。

一方現時点で「感染確認から2週間以上新たな感染が確認されておらず封じ込めができている」国があるのも事実であります、例えばベトナムは感染者数16人(すでに全員完治退院)で封じ込めています。

ジャーナリストの木村正人氏は、BLOGOSでベトナムの成功事例を日本と対比して分析しています。

木村正人
【新型コロナウイルス】ベトナムはなぜ封じ込めに成功し、日本はドタバタしてしまうのか
https://blogos.com/article/440074/

木村正人氏がエントリーの中で、ベトナム政府と日本政府のウイルス対策を時系列でその対比をまとめています、失礼して日本部分を抜粋してご紹介。

1月
15日武漢滞在歴がある患者から新型コロナウイルス確認
21日中国全土を感染症危険情報レベル1(注意喚起)に
23日武漢便を運休
24日湖北省を感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)に
29日武漢市在留邦人家族計828人の退避始まる
30日WHOが緊急事態宣言
30日新型コロナウイルス感染症対策本部初会合
2月
1日湖北省に滞在していた外国人の入国拒否
1日新型コロナウイルスを指定感染症に
3日クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の検疫開始
6日中国便の運休拡大
13日浙江省滞在歴のある外国人の入国拒否
16日初の専門家会議
19日クルーズ船からの下船始まる
24日専門家会議で「今後1~2週間が瀬戸際」と見解
25日新型コロナウイルス感染症対策の基本方針
25日一部地域で小規模な患者クラスター(集団)が発生
27日首相が全国の小中高に臨時休校を要請
27日韓国・大邱周辺に滞在していた外国人の入国拒否

中国で大型連休が始まる1月21日時点で、日本は中国人に対する入国拒否はしませんでした、注意喚起(中国全土を感染症危険情報レベル1に)(注意喚起)のみで、結果として多くの武漢出身も含まれる中国人旅行者を国内に受け入れてしまいました。

日本政府が「湖北省に滞在していた外国人の入国拒否」したのは2月1日でした。

この政府の初動の遅れが日本で感染者数をここまで増やしてしまった主要な要因であることは否定できません。

少なくとも韓国と日本の感染者増大は、両政府の中国武漢周辺からの入国拒否対策が大きく遅れたことが主因でしょう。(もっとも、早くから中国人の全面入国拒否をしたアメリカが上述したように122人と感染者がここにきて増え始めていますことも留意が必要ですが)

日本はこれまで国を挙げてインバウンドすなわち年間訪日外国人4000万人を目指していたわけです。

今年東京オリンピックを迎えることもあり、あるいは中国の習近平国家主席を国賓として迎えることもよぎったか、安倍政権にとり中国の春節大連休の前に、武漢周辺からの中国人旅行者入国拒否の決断はできなかったのでありましょう、今の事態を招いた判断ミスがそこにあったのは、結果論ですが明らかです。

しかしです。

この新型ウイルス騒動が起こる前、少なくとも昨年12月までは日本は国を挙げて、東京も地方も自治体も民間も、外国人ウエルカム政策にひた走っていたことを忘れてはいけません。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  7. 7

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。