記事

【映画感想】パラサイト 半地下の家族

1/2

あらすじ
半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れる。


www.parasite-mv.jp

2020年、映画館での3作目。
平日の朝の回で、観客は10人くらいでした。
第92回アカデミー賞で、外国語映画として史上初となる作品賞を受賞したほか、監督賞、脚本、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)の4部門に輝いています。


この『パラサイト』、観終えての最初の印象は、「これは『ジョーカー』と同じ話ではないのか」ということでした。
これだけでも、かなりネタバレっぽいのですが、あらためて考えてみると、(『ジョーカー』+『万引き家族』)÷2、に園子温監督の薬味を入れたような感じです。

ただ、『ジョーカー』に関しては、主人公のアーサーが「病んでいる」という前提があるため、「頑張っても頑張っても、裏目裏目で、ほんと、世の中って冷たいよな」って気分になるのですが、この『パラサイト』は、半分くらいまで、僕はムカつきっぽなしでした。

「何この厚かましいキム一家!自分たちさえよければ、他の人はどうなってもいいのかよ!こんな連中に共感できん!アカデミー賞作品賞って言うけどさ、投票している連中は、みんなパク社長側の人間のはず。なんでこれをそんなに高く評価するんだ?」

正直、僕は最後まで、キム一家にあまり共感できませんでした。
「半地下」の生活はつらいだろうし、一家そろって仕事がないのはかわいそうだけれど、だからといって、やることがあまりにも汚い。

この人たちは、アーサーみたいに病んでいるわけではない。お父さんは陸上の大会でメダルを獲っているし、長男のギウはインテリ家庭の娘の家庭教師をやっても問題ないくらいには英語ができ、長女のギジョンはコンピューターをけっこう上手に使えて、デザインの能力もある。

そういう「平均以上の能力があって、こんなズルいことができるくらいの知恵もある人たちが、『半地下』から出られない社会」というのが、この映画が描いている「資本主義が極まった国、韓国」なのです。
そういう韓国社会の予備知識があったほうが、観やすい映画だと思います。


fujipon.hatenadiary.com

この本では、韓国の「無限競争社会」の一端が紹介されています。

競争からこぼれてしまった、あるいは、競争に参加することすらできなかった若者たちは、仮想通貨で一発逆転を狙うしかない。仮想通貨取引の過熱による被害が広がり、政府はこれを規制しようとしましたが、韓国の若者たちは強く反発しています。

 今、韓国の若者たちの間では、いくら頑張っても親から受け継いだ地位を変えることはできない、自分の階層は変わらないという考えが支配的だ。階層移動ができなくなった社会で、「仮想通貨」だけが投資した分だけ稼ぐチャンスを得られる。公正に機会を与えてくれる」と、彼らは主張するのだ。

あわせて読みたい

「パラサイト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党に利用された宝島社の「タケヤリ意見広告」

    渡邉裕二

    05月19日 08:10

  2. 2

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  3. 3

    #メディアはワクチン接種を邪魔するな 2 政府のミスを見つけてくれた? ワクチンを早期に拡げて国民を助けるより政府を叩きたい!? 国を滅ぼしたい!?

    中村ゆきつぐ

    05月19日 08:20

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  6. 6

    大失敗の大阪、成功の東京〜感染急増の大阪や地方と、第4波の感染抑えた東京の何が違ったのか?

    かさこ

    05月19日 08:15

  7. 7

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  8. 8

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  9. 9

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  10. 10

    二階幹事長 支持率急落に“怒り”表明も「自業自得」と呆れ声

    女性自身

    05月19日 09:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。