記事

シリア情勢に左右されるレバノン経済

シリア情勢が悪化して以来、隣国のレバノンの経済にも暗雲が立ち込めています。

下はレバノンのGDP成長率のグラフです。
リンク先を見る

レバノンは多宗教国家で、特にベイルートやトリポリなどの沿岸の都市は歴史的にスンニ派の回教徒が多く居住していました。

第一次大戦が終了し、オスマン帝国が崩壊した後、イスラエルは英国の支配下に、そしてこんにちのレバノンの地域はフランスの支配下に入るのですが、フランスが歴史的に深い関係を持っていたのは山岳地帯のマロン族(東キリスト教会)であり、レバノンの国家建設の際に主に経済的な理由から、この山岳地帯のマロン族と沿岸地帯のスンニ派の「便宜的な同居」状態が容認されました。

沿海部の回教徒はもともとシリアとの融合を希望していたのですが、フランスの意向で、その希望は退けられてしまいます。

これがのちのレバノン内戦の原因のひとつ(その他にも複雑な要素がからんでいます)となるとともに、シリア情勢が不透明になると、たちどころにレバノンにも不穏な空気が流れる原因となっています。

2007年から2010年にかけて、レバノンでは不動産ブームがありました。しかし現在は不動産価格が高値から15%程度下落しており、これに合わせて不動産取引も鈍化しています。

これに合わせてレバノン国内の投資活動も鈍化しています。
ベイルートの不動産価格は賃貸の家賃の約30年分であり、これは中東地域ではイスラエルのテルアビブと同様、最も割高な部類に入ります。因みにドバイは17年分です。

レバノンの銀行の総資産がGDPに占める割合は300%を超えており、同国の経済は極めて金融サービスや不動産に密接にリンクしていることがわかります。

レバノンの金融機関はもっぱらファンディングを国内の預金に頼っており、引当金の水準は比較的高いです。

レバノンは国家負債がGDPに占める割合が極めて高いです。
リンク先を見る

レバノン政府は借金の借り換えニーズが極めて高く、投資家のコンフィデンスに左右されやすいです。

レバノンは石油の全てを輸入に頼っています。

このため原油価格が高騰するとインフレになりやすいです。
リンク先を見る

さらに原油輸入代金の高騰は経済を圧迫しやすいです。
リンク先を見る

近年、イスラエル沖で天然ガス田が発見されたことは、長期的にみるとレバノン経済の体質改善にポジティブな影響を及ぼす可能性があります。なぜなら天然ガス田はイスラエル領内だけではなく、レバノンの領海にも広がっていると考えられるからです。

あわせて読みたい

「レバノン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。