記事

イギリスでも政治の限界 - wasting time?

イギリスは保守党のキャメロン政権のもとに“Small Government,Big Society”をキャッチフレーズに過剰な福祉の削減に取り込んできた。

が、イギリス経済の低迷は続いている。多くの保守系の識者などは減税の必要性を声高に叫んでいる。それは正しい方向だろう。が、なぜかイギリス政府はインフラ投資を行うと発表した。

£9bn railway investment announced by coalition

約1兆円程度を2014年から鉄道に投資するという。まあ、イギリスの鉄道は非常に貧弱なので全くナンセンスとは言い切れないかもしれない。が、それでも 景気低迷の刺激策としてはこのようなインフラ投資よりも恒久的な減税こそが先に行われるべきだ。しかもタイミングが2014年からというのも意味がよく分 からない。

よく言われる財政政策の問題点の一つとはこのようにタイミングがどうしても遅れてしまうことにある。特にインフラなどへの投資の場合には時間がかかる。減税ならばまだ今すぐにでも行えるので多少はましだ。イギリスの過去のこのようなインフラ投資は適切に行われたのだろうか?Stumbling and Mumblingからこのチャートを見てほしい。

リンク先を見る
( When were we Keynesian? より)

赤がGDPギャップ。蒼がGDP対比の政府支出の割合である。

普通ならばGDPギャップが拡大したときに(下方向)に政府支出が増加しないといけないがそうはなっていない。

まあ、日本だけじゃなくてどこの国でも財政支出なんてのはそんなものだ。規制も財政支出もそうだが、政府が聖人君主のように適切なタイミングで適切な政策 を打てるという前提がそもそも誤りである。このことをもっと多くの人が認識すべきだと思う。そして、それはどこの国でもだいた同じである。なぜそうなの か?それが政治の限界であるからだ。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。