記事

「メディアに干されるのは痛いけど、間違っていることは言いたくない」ロンドンブーツ1号2号田村淳氏×河野太郎議員対談【後編】

1/3
ロンドンブーツ1号2号田村淳氏・河野太郎議員(撮影:田野幸伸)
ロンドンブーツ1号2号田村淳氏・河野太郎議員(撮影:田野幸伸) 写真一覧
ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が休日を利用して、気心の知れたスタッフと主にネットで活動しているという「淳の休日)」。ファミレスで国会議員とざっくばらんに語り合う新企画「ザクバラ」取材、後編をお送りします。(6月28日取材)【編集部 田野幸伸】
※前編はこちら

山本太郎はメディアからいなくなった

淳:原子力のことでも質問いっぱい来ているんですよね。各電力会社の株主総会で、電力会社側がはっきりと「脱原発はしない」と発言したことを受けて、それでも河野さんは脱原発の立場は変わりませんか?変わらないとすれば何を柱に原発推進勢力とどう戦っていきますか?今言っていたようなことですよね?

河野:そうですね。要するに3.11までマスコミは、原子力のことをほとんど報道しなかったじゃないですか。あれは原子力から、電力会社から多額の広告料をもらっていたから。原子力の報道って出来なかった。でも今メディアがそういう報道をしてくれるようになって、国民もいろんなことがわかってきた。

逆に国民がどうしたいかを選挙で選ぶわけです。脱原発の人を支持するのか?原発推進の人を支持するのか?それは国民の一票で政治家が選ばれるわけですから。推進しようと思っているならば、推進したいという人を当選させてください。だけど脱原発と思うなら、脱原発の人を選ぶじゃない。

淳:そこで意思表示するしかないんですね。僕もこうやってメディアに出る仕事をしていて、山本太郎という人間とは若い頃から仲良くて、今もつながりがある。あいつは反原発を掲げて真っ先にデモとか参加して、メディアからいなくなっちゃったんですよね。

「うわっそんな過激なこと」というか、自分の意思表示をした、あいつはあいつなりに過激な部分があったけど、意思表示しただけでメディアから消されるんだと思った。そのことを福島みずほさんに言ったら、私のところに来たらいくらでもかばったのにと。

結局太郎はメディアに復活することはなくて、今も時々デモに参加しないか?と言って連絡が来るんですが、俺は「反」じゃない。「脱」だから、「脱」の気持ちで「反」のデモに参加するとその人たちとも気持ちを一つに行進出来ない。メディアに出ている以上、東京電力というものがスポンサーとして作っているテレビ番組もある。

俺はだからといって自分の意見を変えるわけじゃないけれど、そもそもテレビの仕組みもわかっているし、自分がどうやって生きてきたかもわかっているから、それに対して「反」だ「反」だということだけの責任の取り方をしたくない。やっぱりメディアに干されることで発言出来なくなるのは僕としては痛い。

だけど間違っていることは言いたくない。その狭間にずっと揺れ動いてきて、結局選挙でどこに投票するかまだわからない。基本は「脱」、(原発は)無くなればいいなと思っている。

河野:坂本龍一さんが何年か前に青森県の六ヶ所村という使用済み核燃料を溶かしてプルトニウムを取り出す工場に、反対だと言って声明を出した。坂本龍一さんもラジオから干されそうになったって言っていました。

淳:それはなんなのでしょうか。国が動くんですか?(苦笑)。

河野:東芝って原子炉を作る。東芝EMIって東芝の傘下じゃないですか。

淳:なるほど!

河野:それはまずいということになる。今までは東京電力がスポンサーをしていたから、テレビの歌謡番組で歌っている歌手は脱原発というとスポンサーから何を言っているんだ。となって弾かれる。多分、今は東京電力の影響力はかなりテレビ局には少なくなっているはずです。

でもそれでもテレビ局が自己規制をしていて、僕がなんで?と聞いたら、ローカルのテレビ局のニュースは、まだその地域の電力会社がスポンサーしていたりするから。

淳:なるほど!そこのしがらみがある。僕は「反」のデモに誘われても絶対に行かないんですが、この前首相官邸の前で4万人反原発のデモがあった。

河野:再稼働反対の。

淳:はい。そこにも参加してくれないか?と言われたけど僕は行かないと言った。だけどどこもそのことをメディアが取り上げないことには、疑問を感じたんです。なんでこれ、四万人もここに集まっているのは結構な人数なのに、なんでどこも取り上げないんだろうと思って、どこも取り上げないなら俺はデモには参加しないけど、自分がツイキャスなりUSTREAMを使ってこれを配信することは出来る。そう考えて行こうと思ったんですが、夜中だと人が集まっていないんですね。

河野:6時から8時でしょ。

淳:そうなんです。俺仕事があって、夜中に首相官邸前に行ったんです。タクシーに乗って。そしたら警備のおじさん二人くらいしかいなかったんで(苦笑)。でもそういう自分なりの物の伝え方というのはやっていきたいんですよね。

あわせて読みたい

「脱原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。