記事

【読書感想】210日ぶりに帰ってきた奇跡のネコ ペット探偵の奮闘記

1/2

210日ぶりに帰ってきた奇跡のネコ ペット探偵の奮闘記 (新潮新書)

210日ぶりに帰ってきた奇跡のネコ ペット探偵の奮闘記 (新潮新書)

  • 作者:藤原博史
  • 発売日: 2020/02/14
  • メディア: 新書


Kindle版もあります。210日ぶりに帰ってきた奇跡のネコ―ペット探偵の奮闘記―(新潮新書)

210日ぶりに帰ってきた奇跡のネコ―ペット探偵の奮闘記―(新潮新書)

  • 作者:藤原博史
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)

引っ越しの翌日に、茶トラと三毛の兄妹ネコが消えた。見知らぬ土地で2匹はどこへ?ペット探偵の著者は、依頼を受けて捜索を始める。足取りがつかめないまま季節は遷り、投函した迷子チラシは数千枚に。

そこへ入った目撃情報、そして行方不明から210日目に奇跡は起きた―。ペットと家族をめぐる感動の実話7つを紹介、生き物を愛する全ての人に役立つ「万が一のための備え」と「捜索ノウハウ」も惜しみなく明かす奮闘記。


 いなくなってしまったペットを探す、「ペット探偵」。
 世の中にはけっこうたくさん、いなくなってしまったペットを探している飼い主がいるのだから、そういう仕事があってもよさそうですよね。

 でも、「いなくなった動物なんて、そんなにうまく探せるものなのだろうか?」という疑問もあったのです。
 著者は、「ペット探偵」として、これまで3000件もの依頼を受けて、全国各地を飛び回り、そのうち7割のペットを見つけています。

 僕自信が飼い主として体験したことがある、「いなくなったけれど、翌日には自分で帰ってきた」みたいな事例は、ペット探偵に依頼されることはないでしょうから、難しいケースだけを対象にしながら7割というのは、本当にすごい。
 もちろん、うまくいくことばかりではなくて、亡くなった状態で見つかることも少なからずあったそうですが。

 この本を読んでみると、ペット探偵というのは、人間相手の探偵と同じように、「対象者の習慣や行動パターンを把握する」ことを重視しているのです。

 まず、割れた窓を背にして立ちます。ここを出た、たいちゃん(捜索対象のネコ)がどのように歩いたかを考えることが、捜索の第一歩です。室内で飼っているネコの場合は特に、身体の片側を建物につけるようにして、壁面に沿って移動する癖があります。すると身体の一方が必ず壁で守られる格好になります。これで安心感が持てるようなのです。

 道路などを渡ると身体の両面を晒してしまうことになるため、横断を避けながら移動していきます。こうして歩き、縁の下や簡易物置きの下、マンションの1階ベランダ部分と地面のすき間、排水溝の中、茂みの中などを見つけて身を潜め、周りの状況を観察しているのです。

 極端に警戒心が強いネコであれば、その状態で動かずに数週間同じ場所にとどまっていることもあります。そこが安心できる場所であれば、その場所を起点にして行動し、何かあればすぐに駆け込むといった行動パターンも見せます。

 私も同じようにして、右回りに自宅建物に沿って歩きます。ネコが潜みそうなすき間、隠れ場所を見つけては確認していきます。

 ペットを捜すときに「必死になって名前を呼ぶ」「大声を出して捜し回る」というのは厳禁です。「おかしいな、いつもと違う」と感じたペットが、姿を現してくれることは決してありません。物陰に潜んだり、隠れたり、あるいはその場を避けて逃げ出してしまいます。

 どんなに不安でも、そこはぐっと堪えながらいつもと同じように名前を呼ぶこと、走って駈け寄ったりしないことが肝心です。


 心配や不安から取り乱し、大声で捜し回っても、かえって逆効果になることが多いのです。
 「捜しています」のチラシは写真を大きく、文字を少なくすることや、聞き込みのコツなど、この本のなかでは、そのノウハウの一端も惜しげなく公開されています。

 ただ、思い入れの強い飼い主とのやりとりを読んでいると、相手の思いに引きずられない冷静さや、うまくいかないときでも粘り強く捜す根気がないと、これを仕事として続けていくのは難しそうです。
 この本を読んでいると、ペットがいなくなる理由も「気まぐれに脱走した」というものだけではなくて、人間関係のもつれが絡んでいる場合があるんですよね。

 「子どもと同じ」とは言うけれど、著者に依頼する飼い主たちのペットへの愛着の強さには驚かずにはいられません。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。