記事

NYタイムズ・サイトの「課金の壁」、なぜ抜け穴だらけなのか

1/3
 NYタイムズのデジタルコンテンツが、3月28日から有料になる。ところが、ソーシャルメディアを介してニュース記事と接しているユーザーには、これまで通りNYTimes.comの記事を無料で閲覧できそうである。

 NYTサイトは月間ユニークユーザー数が3100万人(comScore調査)を超え、最も人気の高い新聞サイトとなっている。その人気を支えている要因の一つに、先進的なソーシャル機能をいち早く取り込み、外部のソーシャルメディアとの連携を深めてきたことが挙げられる。そのお陰で、ブログだけではなくて、Facebookやツイッターなどのソーシャルメディアでも、最も数多く引用される新聞サイトになっている。その結果として、ソーシャルメディアのリンク経由でNYTimes.comの記事に直接アクセスするユーザーが多い。

 でもこの時、リンク先のコンテンツは自由に閲覧できる、つまり無料であるというのがソーシャル系ネットワーク界隈では前提となっている。皆で手持ちの情報を出し合い(give & take)、より良いコンテンツを作り出していこうとするのが、ソーシャルネットの文化でもある。一種のマッシュアップである。引用コンテンツにリンクを張るのも自由で、それどころかリンクは相手に敬意を払っている印でもある。でもコンテンツが有料だと仲間に入れてもらえずに、ソーシャル系ネットからはじき出されるであろう。

 NYTimes.comの記事がソーシャル系ネットワーク界隈で持て囃されてきたのも、質が高いということに加え無料で閲覧できることが大きいかった。またNYTimes.com自身も、記者が参加するブログ(Blogs)やツイッター(The New York Times on Twitter)を充実させ、ソーシャル系ネットワークの世界に積極的に入り込んでいる。イラク戦争、イラン総選挙、最近のアラブ諸国騒動、Wikileaks関連、それに東北地方地震などの報道に活気があるのも、自らのブログやツイッターを使いこなしているからであろう。外部のソーシャルメディアのコンテンツや時には競合サイトのコンテンツも流用したりしている(リンクを張る)。

 ソーシャルメディアと密な関係を築いてきただけに、NYTimes.comがどのような「課金の壁」を立ててオンラインサイトを有料化していくかが注目されていた。課金の壁の向こうに置く有料コンテンツは共有したり検索する対象でなくなる心配があり、ソーシャルメディアとの連携を断つことになりかねない。そこで、ソーシャルメディアとの連携を損なわない形での有料化プランを実施することになった。読者へのレターとFAQ(Q&A集)の中で、無料閲覧できる手法をこっそりと?伝授している。

 

A Letter to Our Readers About Digital Subscriptions

• Readers who come to Times articles through links from search, blogs and social media like Facebook and Twitter will be able to read those articles, even if they have reached their monthly reading limit. For some search engines, users will have a daily limit of free links to Times articles.

*FAQ(Digital Subscriptions and Premium Products

Q: Can I still access NYTimes.com articles through Facebook, Twitter, search engines or my blog?

A: Yes. We encourage links from Facebook, Twitter, search engines, blogs and social media. When you visit NYTimes.com through a link from one of these channels, that article (or video, slide show, etc.) will count toward your monthly limit of 20 free articles, but you will still be able to view it even if you've already read your 20 free articles.

When you visit NYTimes.com by clicking links in search results, you'll have a daily limit of 5 free articles. This limit applies to the majority of search engines.

 今回の有料化プランでは予告通りメーター制を採用し、Webサイト(NYTimes.com)の記事を毎月20本まで無料で閲覧できるようにした。月に21本以上の記事からは原則として有料となり、閲覧するにはデジタルサブスクリプション(定期購読)を申し込む必要がある。

 ところが月に21本目以上の記事であっても、課金されない抜け穴を用意したのだ。検索エンジンやブログ、それにツイッターやFacebookなどのソーシャルメディアから記事にアクセスした場合は、その記事を無料で閲覧できるのである。ただし、検索エンジン(たとえばGoogle)の検索結果からアクセスした記事は、毎日5本までしか無料で閲覧できない。でも、ブログやツイッター、Facebookからのリンクでアクセスした場合、無料閲覧できる記事数に上限はない。つまり、無料で読み放題ということだ。

 このメディア・パブでも、最も引用回数の多い新聞サイトはNYTimes.comのはずだが、参考にするNYTimes.comの記事のほとんどをブログやツイッター、検索エンジン(英語版Google)で見つけて、そこからアクセスしている。新聞サイトのトップページから読みたい記事を探すことはほとんどしなくなった。またGoogle NewsやTechmemeなどのニュースアグリゲーターからNYTimes.comの記事に飛ぶ場合も少なくないが、この場合のアクセスが有料になるとしても、リンク先の同じNYT記事を引用しているブログをアグリゲーターですぐに探せるはず。そのブログ経由でNYTimes.comにアクセスすれば無料になる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。