記事

ルーブル美術館が休館に、新型肺炎懸念で職員が勤務拒否


[パリ 1日 ロイター] - パリのルーブル美術館で1日、新型コロナウイルスへの感染を懸念して職員が勤務を拒否し、休館を余儀なくされる事態となった。

運営側が職員の説得を試みたものの、不調に終わったという。

観光客らは美術館の前で長蛇の列を作り開館を待ったが、この日は閉鎖されたままとなった。

2日にも再度、運営側と職員の会合がもたれる予定だが、再開時期の見通しは立たないという。

仏政府は2月29日、5000人以上が集まる大規模な屋内行事の中止などの感染抑制策を公表したが、美術館の休館は含まれていない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。