記事

ルーブル美術館が休館に、新型肺炎懸念で職員が勤務拒否


[パリ 1日 ロイター] - パリのルーブル美術館で1日、新型コロナウイルスへの感染を懸念して職員が勤務を拒否し、休館を余儀なくされる事態となった。

運営側が職員の説得を試みたものの、不調に終わったという。

観光客らは美術館の前で長蛇の列を作り開館を待ったが、この日は閉鎖されたままとなった。

2日にも再度、運営側と職員の会合がもたれる予定だが、再開時期の見通しは立たないという。

仏政府は2月29日、5000人以上が集まる大規模な屋内行事の中止などの感染抑制策を公表したが、美術館の休館は含まれていない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。