記事

北朝鮮が短距離ミサイル2発発射、元山から海へ 3カ月ぶり=韓国軍


[ソウル 2日 ロイター] - 韓国軍は、北朝鮮が2日、短距離ミサイル2発を発射したことを明らかにした。

韓国軍の合同参謀本部によると、短距離ミサイルは東海岸の元山(ウォンサン)市から海に向かって発射された。ミサイルの飛行距離は240キロ、高度は35キロだった。北朝鮮はこれまでにも元山市から短距離ミサイルを発射している。

北朝鮮がミサイルを発射するのは、昨年11月28日以来。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)はこのとき、同国が「超大型多連装ロケット砲の発射実験に成功した」と伝えた。

韓国大統領府は声明で、鄭義溶・国家安保室長が関係閣僚による緊急ビデオ会議を開き、北朝鮮のミサイル発射実験について分析したと明らかにした。

声明は「閣僚らは北朝鮮が3カ月ぶりに短距離ミサイルの発射を再開したことに強い懸念を表明した。こうした行動は朝鮮半島の緊張緩和に向けた努力の助けにならず、閣僚らは北朝鮮に止めるよう要求する」としている。

合同参謀本部は、追加の発射があるかどうか注視しているとした。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は先月29日、金正恩朝鮮労働党委員長が28日に軍事演習を視察したと報じていた。

合同参謀本部は、金委員長が28日に視察した軍事演習が続いているようだとの見方を示した。

米国と韓国は27日、韓国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、韓国軍と在韓米軍の双方に感染者が出たことを受け、米韓合同軍事演習を「別途通知があるまで」延期すると発表した。

元海軍将校で、現在は慶南大学で教えるキム・ドンヨプ氏は、今回の発射実験は「防衛能力を国民に誇示し、金正恩氏の経済発展キャンペーンをてこ入れし、軍の士気を高める公算が大きい」との見解を示した。

国営メディアによると、金正恩・朝鮮労働党委員長は先週、新型ウイルスに関する労働党の会議を開催し、ウイルス対策をさらに強化する方針について話し合った。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。