記事

誰が戦争を始めるのか――ソレイマーニー司令官殺害と法 - 郭舜 / 法哲学

1/2

1.議会 対 大統領

2020年2月13日、アメリカ議会上院は、トランプ大統領がイランに対するさらなる軍事行動を行う際に議会の授権を得ることを要求する決議を採択した【1】。決議には民主党議員および一部の共和党議員が賛成票を投じた【2】。上院によるこの決議はもちろん、最近、大統領が行ったイランに対する軍事行動への反応である。

【1】https://www.congress.gov/bill/116th-congress/senate-joint-resolution/68/text

【2】https://www.nytimes.com/2020/02/13/us/politics/iran-war-powers-trump.html

大統領は、1月3日にイラン革命防衛隊ゴドス部隊のソレイマーニー司令官をドローン(無人航空機)によって殺害している。アメリカとイランの間では近年、イランによる核開発疑惑をめぐって緊張が高まっていた。大統領は「ソレイマーニーがアメリカの外交官および軍事要員に対する急迫で陰険な攻撃を仕組んでいた」として殺害を正当化したと報じられている【3】。

【3】https://www.nytimes.com/2020/01/12/us/politics/trump-suleimani-explanations.html

ソレイマーニー司令官の殺害は、イランの憤激を誘った。イランは、アメリカを「最大の悪魔」と呼んで殺害を激しく非難し、2015年の国際核合意からの離脱を宣言し、イラク領域内の複数のアメリカ軍基地に対するミサイル攻撃を行った。対立が拡大すれば、イランと関係の深いロシアや中国を巻き込んだ軍事衝突に発展するという懸念も生じた。しかし、当初、死者・負傷者はいなかったと発表されたことや【4】、大統領自身が直接の対決を避ける意思を示したことから、事態は鎮静化に向かった。

【4】https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/iran-live-updates/2020/01/08/c835c218-31a0-11ea-9313-6cba89b1b9fb_story.html

全面的な軍事衝突への発展はとりあえずは避けられたものの、依然として戦争の可能性は残っている。このような危惧から、アメリカ議会は大統領の権限を制約しようと試みている。大統領はこれに対して拒否権を発動する意思を示しており、上院ではこの拒否権を覆すために必要な3分の2の票は得られないものと予想される。そうなると、議会と大統領の権限をめぐる綱引きは、現状のままに落ち着くことになる公算が高い。

しかし、上院における8名の共和党議員の離反は、議会の懸念の大きさを示している。もちろん、戦争は人々の生活に大きな影響を与えるから、望ましいものではない。しかし、アメリカ合衆国連邦憲法には、宣戦布告を行うのは議会であることが規定されており、そもそも大統領が勝手に戦争を始めることはできないはずである。では、議会はなぜ大統領の権限に制限を加えようとしているのだろうか。

その背景には、大統領の戦争権限をめぐる長い歴史的な争いがある。大統領は軍の最高司令官であり、軍の指揮権を握っている。大統領が議会の許可なくいかなる軍事行動も起こせないとすれば、武力攻撃が目前に迫ってから、あるいは武力攻撃を受けてから議会が招集され、戦争を開始するための決議を行わざるをえないことになる。迫りくる危機に対して有効な軍事的対処を行うためには、迅速な意思決定が必要とされる。他方で、戦争という重大な事柄について議会のコントロールが確保されねばならない。ここには、対立する二つの要請をどのように調和させるかという憲法制定以来の問題があるのである【5】。

【5】https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/2/27133/20141016155943537839/HLJ_16-2_185.pdf

もっとも、大統領がいくら軍事行動を起こしても、議会が宣戦布告しなければ戦争は始まらないのではないかと思われるかもしれない。確かに、かつては戦争は国家が互いに宣戦布告を行うことによって開始されるものであった。国家はときにさまざまな思惑から宣戦布告をしないまま、実質的な戦争を行った。これらは「事変」などと呼ばれたが、その実態は宣戦布告を伴う戦争と何ら変わりがなかった。そこで国連憲章では、これらを含む「武力行使」一般が禁止されることになったのである。

しかし、もちろん、これで戦争とは何かという問題がなくなってしまったわけではない。というのも、それを「戦争」と呼ぶかどうかはともかく、禁止されたといっても現実には相変わらず武力行使は行われ、何が禁止される武力行使なのかという問題は残るからである。しかも、武力紛争においては異なる法的ルール、つまり武力紛争法(国際人道法)のルールが適用されると考えられている。そうなると、武力紛争法はいつから適用されるかという問題も生じてくる。

ソレイマーニー司令官殺害の事案に戻ろう。これが実体としてアメリカとイランの間の全面戦争にならなかった(ならなくてよかった)ということはできるだろう。しかし、国際法のルールに照らして、殺害行為にはどのような意味合いが与えられることになるだろうか。それはアメリカとイランの行動とどのように関わっていたのだろうか。そして、議会は何を問題視したのだろうか。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。