記事
  • Sozen
  • 2012年07月29日 08:32

降水増で中国の火力発電量大幅低下か

先日は豪雨で北京周辺にも大きな被害が出た中国ですが、このところ全国的に降水量が多く水力発電量が増加しており、それでなくても総電力消費の伸びが落ちているため火力発電需要が目に見えて低下しているようです。

国家統計局によると、中国の6月の総発電量は前年比横ばいの3,934億kWhでしたが、そのうち水力発電は同19.4%増の753億kWhなのに対し、火力発電は同4.2%減の2,953億kWhとなっています。

リンク先を見る

今年上半期の中国の総発電量は2.3兆kWhで前年比3.7%増。うち火力発電は1.9兆kWhで同2.6%増、水力発電は2,912億kWhで同9.9%増でした。

足元の火力発電の減退加速は、燃料相場に如実に表れてるようです。
中国の火力発電用燃料は主に石炭ですが、昨年末にはトン当たり808元だった火力発電向け石炭価格は半年間かけて13%余り下落して702元となった後、7月に入ってさらに10%急落し直近では631元/トンです。

今月初めには、2009年に完成した三峡ダムで引き続き建設が行われてきた水力発電所総出力2,250万kwのうち最終段階の6基合わせて420万kwが運転を開始し、遂に全面稼動となっています。

このため、大雨の影響もあって7月の水力発電量は更に大きくなるものと見込まれ、電力需要の伸び悩み分は火力発電の一段の縮小につながるものと思われます。

少し前まで中国では電力需要の伸びに供給能力が追いつかず、需要期には深刻な電力供給不足に陥って自家発電用の軽油需要が急増したことなど、まるで嘘のようですね。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    『バイキング』が“トンガ頭痛”と紹介…「差別を助長」と批判殺到

    女性自身

    01月19日 10:08

  4. 4

    世論調査の怪。立憲から剥がれ落ちつつある「野党第一党効果」とは何か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月19日 09:13

  5. 5

    「正社員を引きずり下ろしたい」"みんなで豊かになる"物語を失った日本の末路

    PRESIDENT Online

    01月19日 11:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。