記事

一斉休校は根拠の乏しい中での政治判断でやるものだから、修正も当然あり。 - 3月1日のツイート

危機事態では、大胆な対応をとるのも迅速にやらなければならないが、修正も迅速にやらなければならない。2009年の大阪の一斉休校は、途中で季節型のインフルエンザと変わらないことがわかったので1週間で止めた。一斉休校は根拠の乏しい中での政治判断でやるものだから、修正も当然あり。

このWHOの報告書を分析・評価することが重要。これは武漢・湖北省特有の環境によるものか、日本の環境にもあてはまるのか。日本の環境にもあてはまるのであれば、通常の学級閉鎖基準に切り替えるべきだろう。最初の政治判断を意地で持続してはならない。データが出たので、と謝って修正すればいい。

今頃世界的流行だと言ってくる恥知らずのWHOに僕は怒っているし、WHOの判断など全く信用していない。それでも今回のWHO報告書は冷静に日本の専門家に分析・評価してもらうべき。これまで日本の専門家が指摘していなかった事実がたくさんある模様。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/26/infuruenzacommunity_a_23344626/?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter…
➡︎ 一斉休校の効果が分からないと言っている人たちはこれを。一斉休校は子供たちを守るためだけのものではなく、高齢者や基礎疾患のある弱視を守るため、爆発的感染を防ぐための社会防衛。

ただ今回のWHO報告書をもとに、本当に子供から大人への感染を考える必要がないのであれば、通常の学級閉鎖基準でよいことになる。しかし、未知の感染症対応としての一斉休校には、一般的に効果があることは間違いない。

冒頭、弱視➡︎弱者です。失礼しました。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。