記事

上昌広医師が「一斉休校」などの“副作用”を懸念。一部は現実に?

2/2
(上医師)
「私はデータに基づいて具体的に考えるべきだと思っています。特に中国の例は勉強になります。中国での死亡者というのは80%以上が60歳代以上なんです。もう少し言うと70代、80代が大部分。逆に50代以下はわずか5%なんです。で、高齢者の肺炎の集中管理と若い方は当然違うんです。」

 番組ではスタジオのボードに中国での死者などのデータを示した。

 湖北省(武漢)で感染者65、596人、死者 2,641人、致死率 約4%
 上海      感染者   337人、死者 3人、致死率 約0.9% 
(上医師)
「高齢者は早く人工呼吸器をつけたりはおそらくしないと思います。相当な苦痛があるので相当なストレスになるんですね。一方でほとんどうまくいきません。こういう状況でどうやれば患者さんにとっていいのか。あくまで患者さん中心に考えるべきなんです。
そういう意味で言うと、武漢は破綻しましたが、(中国でも)他の都市は破綻していないんですよ。うまくやりましたよね。
今、厚生労働省はベッドの議論ばかりしている。でもベッドが医療をするわけじゃない。(医療をするのは)あくまで医療従事者なんです。医療従事者がどうやってやれるか。専門能力を持った方。こういう方は本当に貴重です。どうやってうまく回せるか。この議論を具体的にやることだと思います。」
(小川キャスター)
「武漢は破綻したけど、他の都市では破綻していないというのはたとえば?」

(上医師)
「武漢がいちばん違うのは街の機能がパニックを起こして停止したことだと思います。パニックを起こすと様々なところに問題を起こすんです薬が供給されないとか、患者がパニックで押し寄せてくるとか。こういうところでパニックをいかに避けるか。そういう意味で言うと、安倍総理がなさった小学校中学校の停止(休校)というのは問題があると思います。パニックを起こしますよね。」
(小川キャスター)
「都市機能の崩壊が起きて、河北省では亡くなった方がおよそ4%になったわけですよね?(データのボード=湖北省(武漢)の致死率約4%と上海の致死率約0.9%を指し示す)」

(上医師)
「こんなに違うんですよね。同じ病気の死亡率が街によってこんなに違うんです。」
(小川キャスター)
「母数が違うにしてもすいぶん違うんですね。」

(上医師)
「これは都市の機能が破綻したからです。破綻させないためにはパニックを起こさせないことなんですよ。冷静に対応して患者さんに合わせた医療提供体制を作っていくことなんです。『えいやっ』と厚労省が決める。それに無理矢理に合わせるのではなく、患者に合わせてこっちが変わらないと行けないと思います。」
(小川キャスター)
「今は一律に感染した方は入院していただく。それから重症化した方は年齢にかかわらず集中治療室に入っていただく。そうしたことになっているわけですが。」

(上医師)
「問題です。ほとんどの方が自然に治っていくことがわかっているんですよね。軽いんです。そうすると、そういう方は入院させるべきではないですよね。おうちにいられるのでいいです。一方、(症状が)重い患者さん。年齢や基礎疾患に合わせて、集中治療がいいのか。普通の病棟がいいのか。こういうのは現場で試行錯誤をしながら、いい方法を導き出していくことだと考えています。」
(小川キャスター)
「柔軟な対応をとって・・・。一律に入院というのは止めると・・・」

(上医師)
「はい。『えいやっ』と政府が決めるのではなくて、現場で試行錯誤をしていい方法を確立していくことなんです。高齢者が重症になります。高齢者の重症化を防ぐためには感染者を減らす。そのためには若い人がうつしますから、若い人の感染者を減らす。PCR法などを整備してどんどんやっていって若い方の感染を減らし、行動を抑制して高齢者にうつさせない。これが大切だと思います。」

 今回の国や北海道の唐突で一律な対応はパニックを引き起こして、武漢で起きたような医療崩壊につながりかねない、というのが上医師の一貫した意見だった。

 この点については時間が経ってみないことにはどうなるのか分からない面がある。しかし、すでに北海道の病院で肺炎の疑いがありそうな患者を診療しないという病院も出始めていることから「パニック」や「医療崩壊」が進みつつあると言えるのかもしれない。

 「NEWS23」が比較的長い時間かけて放送した上昌広医師の提言。政府や自治体の主張とは逆に聞こえる言葉の意味を私たちはしっかり考える必要があるだろう。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。