記事

タリバンに“勝利”与えたトランプ、選挙目当ての和平合意に不安 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

米国とアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは2月29日、カタールのドーハで和平合意に署名、米駐留軍のアフガン撤退が開始されることになった。米史上最長の18年に及ぶ戦争に終止符を打つ重大な転換点。だが、合意後に恒久的な平和が到来する見通しはない。トランプ大統領の「再選目当ての合意であり、タリバンに勝利を与えた」(アナリスト)との批判も強い。

[画像をブログで見る]

先行き暗示する和平式典の欠席

今回の合意は、米国にとっては確かに「歴史的な一歩」だ。18年の戦争で、2400人を超える米兵が犠牲となり、2兆ドル(200兆円)もの莫大な戦費が投じられた。こうした戦争に終止符が打たれれば、米国を苦しめてきた重荷は大きく軽減されることになるだろう。

だが、この合意はアフガニスタンに即座に平和をもたらすものではない。「内戦を終結させ、同国に真の平和を実現する」ためのタリバンとアフガン政府の交渉はこれからだ。米国は早くも「アフガニスタンの将来はアフガニスタン人が決める」(ポンペオ国務長官)と交渉への関与には及び腰だ。

合意では、米国は現在約1万2000人のアフガン駐留軍を135日以内に8600人までに削減する。タリバンが和平合意を順守すれば、合意から14カ月以内に残りの米部隊と北大西洋条約機構(NATO)軍も完全撤退する。撤退と引き換えに、タリバンは米国や同盟国の安全に脅威を与えるようなテロ組織と協力しないことを約束。アフガン戦争のきっかけになった国際テロ組織アルカイダとの関係を切る。

また今後のガニ政権とタリバンとの和平交渉については、3月10日に協議を開始すると定め、同日までに政府側がタリバンの捕虜5000人を、タリバン側が政府軍兵士の捕虜1000人を解放することになった。和平交渉では、停戦や統治システム、権力の共有などが話し合われる見通しだ。

合意はハリルザド・アフガン担当特使とタリバンのアブドル・バラダル副代表との間で署名され、ポンペオ国務長官が見守った。これとは別にアフガンの首都カブールでは、ガニ大統領、エスパー国防長官、ストルテンベルグNATO事務総長が出席して式典が行われた。だが、この式典にはタリバン側は欠席し、早くも今後の和平交渉の困難な先行きが暗示されることなった。

“第二のサイゴン”に

和平交渉では、停戦の条件とスケジュール、政府とタリバンの統治システム、つまりは権力の共有をどうやって図るのかなどが大きな課題となる。タリバン側がイスラム原理主義思想の導入を要求するのは必至と見られており、世俗主義のガニ政権が拒否し、交渉が暗礁に乗り上げることが早くも懸念される。

両者の対立が先鋭化すれば、国土の半分を支配し、軍事力に自信を持つタリバンが交渉を蹴って、政府軍との戦闘が再発する恐れも出てくるだろう。かつて米国が苦しんだベトナム戦争では、米国が手を引く中、南ベトナムの首都だったサイゴンは北ベトナムに制圧された。タリバンによって、カブールが“第二のサイゴン”になる可能性もないではない。

タリバンが米国との合意に応じたのは「米軍を追い出してしまえば、自分たちの天下がくると勝利を確信したからだ」(ベイルート筋)ろう。女性の人権を無視したかつての統治に戻らないという保証は全くない。米軍の撤退日程は「状況次第」(ポンペオ氏)とされているが、トランプ政権が交渉に関与することには消極的と見られており、ガニ政権を事実上、見捨てることになるかもしれない。

「和平実現に関心なし」

米国がタリバンとの合意を急いだのは、再選を目指すトランプ大統領の選挙日程と密接にリンクしている。民主党の候補者選びが混迷を深める中、トランプ氏はアフガニスタンからの米軍撤退を強くアピールしていく構えだ。大統領は合意に先立ち、「戦争終結と米軍帰還に向け大きな道が開ける」との声明を発表、公約を実行する指導者としての自分を誇示した。

トランプ大統領の前任のブッシュ、オバマ両氏がアフガニスタンに民主主義の理念を導入しようとしたのに対し、トランプ氏は一つのことしか頭にない。それは「米軍を撤退させる」ということに尽きる。「民主主義や女の人権などは眼中にないし、アフガンに真の平和が到来するかなどにも関心がない。とにかく目先の選挙が最優先」(同筋)。

特に前任のオバマ氏を敵視するトランプ大統領は「あのオバマでもできなかった米軍撤退を実現した」ことを何よりも強調したい考えと見られている。懸念されるのは大統領が、直感に頼った場当たり的な決断をするリスクがあることだ。和平交渉が難航すれば、「ある朝目覚めて、すぐに全面撤退するよう命令しかねない」(米紙)。「戦地アフガンから若者の米兵を帰還させたのは私だ」。遊説先で誇示する大統領の顔が浮かぶ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  4. 4

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。