記事

「国会議員の質は上がるのか」一石を投じる注目訴訟

新型コロナウィルスへの対応として各国が採った「中国全土からの入国禁止措置」ができなかった安倍政権も、高まる非難にやっと思い切った策を採り始めた。

公立小・中・高への「休校要請」は、そのひとつである。中国人の入国をそのままにしておいたのに「なにが休校か」と怒る向きは少なくないだろう。だが、順序が違うとはいえ子供たちを守る意味では重要の決断だった。

しかし、立憲民主党の蓮舫副代表はこう言った。「こんな滅茶苦茶なリーダーシップはない。すぐ撤回すべきだ。愛する子供の健康は親にとって何よりも守りたいもの。子供だけ家に置いておけというのはあまりにも場当たり過ぎる。あり得ない」と。

健康が心配だから「休校要請」しているのに、自分の言っていることが支離滅裂であることに蓮舫氏は気がつかないのだろう。さすが立憲民主党である。

私はここ数年、野党議員のレベルに言及することが多い。議員の“質の低下”についてである。本日の『夕刊フジ』に私の緊急寄稿が掲載されているので紹介させていただきたい。

さる2月25日に提起された民事訴訟についての論考である。国民民主党の森ゆうこ参議院議員が国家戦略特区ワーキンググループ(WG)座長代理の原英史氏に損害賠償訴訟を起こされたのだ。これは「国会議員による国民に対する誹謗中傷・住所公開事件」である。

ここでも国会議員のレベル、品位、常識が問題になる。昨年11月15日、参議院予算委員会で、森氏は毎日新聞記事を根拠に特区提案者から原氏が金銭を受け取ったとして「国家公務員なら斡旋利得、収賄で刑罰を受ける」と発言し、自身のホームページで原氏の自宅住所を公開した。

森氏の発言の根拠となっていた毎日新聞は、すでに原氏から損害賠償訴訟を起こされており、同紙は口頭弁論で、原氏が特区提案者から金銭を受け取ったという報道をしたつもりはないとの答弁をしている。一連の毎日の記事を読んでいた人間には唖然とする主張である。

それにもかかわらず森氏は原氏を国会の場で糾弾。原氏は「事実無根の誹謗中傷」として謝罪・訂正を求めた。だが、国会議員の国会内での言論は、憲法第51条に定められた「免責特権」の対象となる。そのため「国会外」で責任を問われないという“壁”がある。

原氏は参議院に対して森氏の懲罰を求める請願をおこなった。免責特権がある以上、「国会内」で自律的に対処するのが筋だからだ。しかし、6万7千人のネット署名も提出した原氏に応えたのは日本維新の会だけだった。

同党を除く与野党はこの件を完全無視し、原氏の度重なる謝罪・訂正要求に森氏自身も徹底した「無視」を続けた。

原氏は泣き寝入りか、それとも一個人として国会議員と戦うかの“二者択一”を迫られた。そして、森議員の行為は基本的には免責特権で守られるものの、一部に「枠外の行為」があったとして、後者を選択し、提訴に踏み切ったのである。

森氏が原氏の自宅住所情報をネットで拡散したことは「国会外での不法行為」にあたり、免責特権で保護されることはない。また、毎日新聞の記事をパネルにして国会で掲げ、原氏の顔写真を拡大し、あたかも原氏が犯罪行為をしたとの印象をより一層強め、ネットで拡散したことも同様だと原氏は訴えたのだ。

多くの国民は、野党議員の傍若無人な振る舞いや新聞・週刊誌をもとにした「自身が事実の裏取りもしてもいない」質問内容に呆れている。

国会には「国政調査権」がある。国会議員による国会での質問は無論、新聞・週刊誌の“下請け”であってはならない。さらにいえば、免責特権をいいことに事実も確認せず一国民の名誉を毀損していいはずもない。

それに対して、国会自体に自浄作用もなく「放置」されている事実をどう考えるか、ということでもある。原氏の決断により、森氏の行為は法廷に持ち込まれることになった。

たび重なる原氏の要求、請願に対して森氏が誠実に応えていたなら、訴訟に発展することもなかっただろう。この一件は、裏取りもない野党質問、そして国会のあり方そのものに「一石を投じた」という意味で実に意義深い。

原氏はその決意について、このまま放置・黙認すれば、同様の事案が繰り返され、ほかの人たちも「必ず被害に遭う」と記しており、覚悟の訴訟だったことがわかる。

国会外での野党議員の名誉毀損には、立憲民主党の石垣のり子氏が自身のツイッターで、元財務官僚で嘉悦大学の高橋洋一教授を「レイシズムとファシズムに加担する人物」「憲法秩序と相入れない人物」と誹謗中傷しながら、今に至るも全く謝罪も訂正もしていない件がある。

これら国会議員の常識外れの振る舞いをなくすことができるかどうか。原氏の訴訟は大きな意味を持つ。原氏はそれと共に、より本質的な取り組みとして「国会での言論を検証する独立機関」を作る構想も持っている。

国会の外に国会議員の言論に対して、中立・客観的で、事実に基づく検証をおこなう機関を設け、その検証結果を国会に突きつける、いわば“国会版BPO”のような組織が必要だというのである。

事実に基づく検証のみをおこなう組織ができれば、たしかに国会に緊張感も生まれ、国民への名誉毀損も「平気」というような言動は減っていくだろう。

国会議員のレベル向上は日本にとって切実な大問題である。新型コロナウィルスという国難をよそに“桜”問題に走り続けた野党の姿を国民は忘れないだろう。その意味でも裁判の行方と原氏の構想に注目したい。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  5. 5

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  6. 6

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  7. 7

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  9. 9

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナに「人工抗体」が有効か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。