記事

コロナ・パニックを止めろ

変だな。日本でのインフルエンザの年間の感染者数は1000万人、死者は1万人だという。
1億の人口の1割が、毎年インフルエンザに感染していることになる。

わしはインフルエンザの注射もしないし、感染したら、病院にも行かずに、家で40度くらい熱出しながら、ビタミンCとユンケル飲んで、3日くらい睡眠取りまくって治していた。

学級閉鎖は国家が全国に注文すべきことなのだろうか?
この1・2週間がコロナの感染拡大、封じ込めの戦争だと言われれば同調圧力は高まるが、そこまで言うなら、最初の段階で中国人観光客を入国禁止にしておくべきだったのではないか?
わしはそう主張していた。
コロナ対策費をケチって、他国に比べて負けてるのも、「英断」なのか?

さらに言えば、グローバリズムを推奨し、観光立国を推奨すれば、ウィルスも入ってくるのは当たり前だ。
わしは反グローバリズムだから、今の事態は予想通りだ。
だからわしは保護主義なのだ。

今さら首相のトップダウンが「学級閉鎖」でようやく実現して、それが「英断」なんて言えるのか?
馬鹿馬鹿しい。

学級閉鎖は本来、学校ごとに決断すべきで、町に感染者が出た、市内に感染者が出た、県内に感染者が出たとなった時に、学校が独自に閉鎖するか否か決断すればいい。

インフルエンザのように、自力で治すこともできるコロナウィルスで、パニックになって、権力の発動を期待してやまない者が、ネトウヨだけでなく、玉川徹みたいな左翼にもいる。
まるで、マスコミと権力が「共犯関係」に見える。
マスコミがパニックを誘導し、権力の独裁を期待し、自粛の同調圧力を高めている。

コロナウィルスの実態が分かっていないし、特効薬もないから怖いんだという気持ちは少し分かる。
だが、子供の感染率は極めて低いし、死亡してるのは高齢者ばかり、特効薬もないのに治っている感染者もいるのだろう。
となると、わしの場合は怖いと思わない。
感染したら、自宅療養で治してやろうと思っている。

国家が強権を発動すべき時はあると思うが、今回はもう後手後手で遅すぎる。
なるべく国家権力の個人への介入は警戒するというのが、わしの考えだ。
しかし玉川徹らマスコミがパニックを誘導するから、すでにトイレットペーパーまで売り切れている。
どうしようもないバカ騒ぎだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  2. 2

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  3. 3

    よしのり氏 都の外出自粛を批判

    小林よしのり

  4. 4

    感染者分析 オヤジは夜街出るな?

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    音喜多氏 小池知事の会見は有益

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    麻生氏 通貨スワップ韓国に問題

    ロイター

  7. 7

    映画に学べ 今見るべき感染作3選

    松田健次

  8. 8

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  9. 9

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

  10. 10

    なぜ迷走?日本の新型コロナ対策

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。