記事

「緊急経済対策の実施を強く求める」 玉木代表


玉木雄一郎代表は28日夜、衆院本会議で2020年度予算案が可決したことを受けて記者団の取材に応じた。

玉木代表は、「税金の使い方を間違った予算だ。いま国を上げて取り組まなければいけないのが新型コロナウイルス対策だが、100兆円を超える大規模な予算にもかかわらず、その対策のための予算が1円も含まれていない。国民の求める喫緊の課題に対して対応する予算になっていない。そして、きわめて楽観的な経済見通し、税収にもとづいてつくられた予算だ。明らかに日本経済は、不況の入り口に入っている。

国民生活を守るために消費の縮小を抑えるための経済対策が必要であるにもかかわらず、そうした予算も入っていない。今の日本社会、経済、国民の求める予算になっていないということで我々は反対した。組み替え動議を出したが、与党は一顧だにせず、数の力で予算案が可決してしまったことは非常に残念だ」と語った。

今後、新型コロナウイルス対策の財政措置を含めどのように取り組んで行くのかを問われ、「今が非常に危機的な状況だという認識を共有する必要がある。何度も申し上げているが、新型インフルエンザ対策特別措置法の条にある緊急事態宣言を速やかに発出したうえで、予備的、予防的な緊急経済対策を講じるべきだ。予算案が衆議院で可決したが、補正予算の編成も含め、予備的、予防的緊急経済対策の実施を強く求めていきたい」と述べた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。