記事

55年体制→99年体制(自公連立)→20年体制へ(政権交代可能)- 政権交代の狼煙(のろし)は山本太郎や長野からあげるしかない

2/2

<消費減税を立て板に水で解説>

「れいわ新選組」の結成を、私は暖かく遠くから眺め拍手喝采していた。山本は見事二人を当選させ、本人の個人票は100万票近くとなり、2019参院選では最多の個人得票数である。今は馬淵澄夫と二人で消費減税の勉強会を主催し、全国ツアーでどこでも満員の盛況を呈しているという。

今の政界で一番注目されている山本・れいわ代表に、北信州の片田舎に来ていただいた。ちょっとした手違いで皆さんへの告知が1ヶ月しかないという突貫工事だったが、300人余に「アップルシティー(JA中野市の会場最大400人収容)」に集まっていただいた。れいわ人気を支える若者がもともと少ないため、私の支持者が中心のこじんまりした会合となったが、よどみない話に聞き入った。

「山本太郎が皆さまからのご質問に何でもお答えいたします!」という奇抜な演題。質問に対して用意されたパワーポイントで立て板に水の返答、という珍しい進め方に聴衆はあっけにとられた。消費減税がどうして必要か、わかりやすく語りかける姿は見事というしかなかった。

<山本太郎に見える光明>

野党統合に反対する者は、旧民主・民進の流れを汲む二党が合併したところで新党感は少なく、ワクワク胸が躍ることはないとのたまう。事実その通りだろう。しかし、別々だったら国民からはもっとそっぽを向かれてしまう。

民主党の3年3ヶ月の政権運営のまずさが野党の負の遺産になっているとよく言われる。今や立憲・国民のイザコザの負の遺産のほうが鮮烈で大きくなっている。国民はごまかしのすぎる安倍政権に呆れ果てて野党への期待が高まりつつあるが、一丸となって安倍政権に向かわない両党、特にリーダーシップが発揮できない党首にうんざりしていると思われる。世論調査で安倍内閣の支持理由に、他にいないからというのが多いことがこの事実を如実に物語っている。

そうした中で野党側の唯一の光明は山本太郎である。文藝春秋2月号の『「消費税ゼロ」で日本は甦る』(P.94~104)で山本太郎の政策は詳細に述べられている。見事な論文である。今のところ誰一人として正面切って反論を書いていない。思い切りのよい政策で国民を惹きつけてやまない。政治的手法も見事である。

<新政信州は野党統合の先がけ>

我が長野県は永田町のイザコザにもかかわらず、とっくの昔に両党も入った「新政信州」を立ち上げ、2019年県議選そして参院選を戦い、羽田雄一郎が小松裕に14万5千票の大差をつけて当選している。そして、今回の16日の県連大会で不肖・私が羽田の後の県連代表を拝命した。今まで羽田孜、北沢俊美と大物永年代表が続き、その後を羽田雄一郎が継いだが、他県連並みに輪番にしていくことにしたまでのことである。

同じ日に、新政信州の新春交歓会を開催した。「ホテル国際21」の大会場が久しぶりに熱気で包まれた。羽田、下条、私と3人の国民民主党議員は愛知県に次いで多い。そこに立憲民主党の杉尾秀哉が加わって壇上に並び、北沢元防衛大臣とともに政権交代に向けて突き進むことを宣言した。

<長野から政権交代の狼煙(のろし)を上げ、2020年体制を築

永田町は、栄華を極めた安倍官邸もさくら、後手後手に回る新型コロナウイルス対策、そして違法な黒川東京高検検事長の定年延長等で相当ガタついている。しかし、対する野党はビシッとしない。我々国民民主党の3人は、台風19号災害対策が盛り込まれた補正予算には反対せず、下条と私は採決を欠席し、羽田は増子輝彦(同じく被災地の福島選出)とともに賛成している。我々3人は事に当たり毅然とした態度で臨んでいる。

野党統合でも、社民党もれいわも巻き込み、あるいはその他の党とも手を組み、安倍政権打倒のために邁進していくつもりである。石井の言葉をもじれば、政権交代のできる「20年体制」を作らねばならない。

あわせて読みたい

「山本太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  10. 10

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。