記事

なぜ一斉休校?首相が表明した「休校要請」に保護者は困惑

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が全国の小中学校や高校などについて3月2日から春休みまで臨時休校とするよう要請する考えを示したことが波紋を呼んでいる。

各地の首長からは「驚いている」「休校を検討せざるを得ない」といった声が相次いで上がったほか、SNS上では休校要請に関するワードが複数トレンド入り。保護者の間でも「共働きなので大変」「預かってくれる場所がない」「勉強はどうするのか」といった困惑の反応が広がった。

AP

首相は27日に開かれた対策本部会議で、今後1、2週間が極めて重要な時期だとし「全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について来週3月2日から春休みまで、臨時休業を行うよう要請する」と表明。政府が各地の学校に一斉休校を求めるのは極めて異例だという。

また、萩生田文部科学大臣は「臨時休業を実施する期間や形態については地域や学校の実情を踏まえて、設置者においてさまざまな工夫があってよいと考えている」とも述べたという。

総理大臣に休校を決める権限はない?

専修大学法学部の教授で、自らも世田谷区内の小学校でPTA会長を務める岡田憲治氏は、今回の休校要請について「一つは法令上の誤解を生み出している点、もう一つは生活者への配慮が欠けている点」で問題があるのではないかと疑問を呈する。

まず、総理大臣に休校を決める権限はないという問題があります。学校保健安全法には学校が休校措置を取るときのルールが書いてあり、学校の設置者にその権限があると記載されています。

学校の設置者というのは、私立は学校法人であり、公立学校の場合は地方公共団体と定められている。このうち、公立学校は大学については首長、それ以外の学校については教育委員会が管理すると定められている。

つまり、法律上は総理大臣の要請を受けて首長が「一斉休校にしよう」と言っても、あくまでも決定は教育委員会がするのです。県立大学なら県知事に権限がありますが、小中学校・高校については、首長自身が休校を決定することはできない。

現に、京都府では府の教育委員会が3月2日を通常通り登校日とすること、滋賀県教委も卒業式や入試を予定通り行うと決めています。その後のことは地域の事情を考慮して決めるのです。

ただ、実際には親御さんたちは国の決定のように受け止めますし、各地の教育委員会も休校を前提に動き始めてしまっている。私の住む区の教育委員会に問い合わせても、区長と教育委員会が連携を取りながら休校を前提に対応しているという回答がありました。

※その後、世田谷区は3月2日から14日まで区立の小中学校を休校にすると決定

親御さんからは怒りの声も続々

岡田氏は全国一斉の休校要請には「子育てする人の目線」がないことも指摘する。

専業主婦のママからは仕方ないね、という反応が多いですが、オフィス労働の親御さんからは怒りの声が続々と上がっています。私の住む世田谷区は、子育て世代の母親の7割がフルタイムワーカーで、都市部の大半は同じような状況だと思います。そんな家庭で、急に「学校はないので自宅で対応を」と投げられて、どうすればいいのか。こういった環境で働く母親たちの生活が全く想像できてないのではないのでしょうか。

少しでもそうしたことを検討すれば、例えば任意登校、あるいは学童保育の時間帯を大幅に広げるよう協力を要請する、そのための緊急の予算措置をするなど、自治体の協力が得られる政策パッケージが必要だと思います。
写真AC

現場が過剰に忖度し疲弊する

岡田氏によると、今年度は新型コロナウイルスの流行もあり教育現場では例年以上に手洗い指導などが行われているという。同氏がPTA会長を務める小学校は800人以上の生徒から一人もインフルエンザの感染者が出ていないそうだ。そのため休校要請を疑問に思う保護者も多いし、区議会には「自治体独自の判断をするべきだ」という声もある。

こういった事情を踏まえず、また一斉休校の効果についてエビデンスも揃わない中で休校を要請して、果たして大きな効果があるのでしょうか。そして親御さんたちは、そのことを国による決定と受け止めている。

今回の事態は未知の経験ですから100点満点の行動を求めることはできません。政府には与えられた条件の中で少なくとも最善を尽くしてほしい。しかし、今回の決定には配慮と緻密さと想像力が見えず、文科省すら事前に把握していないくらいで、まさに安倍首相のスタンドプレーで進められているように見えます。結局、現場ばかりが過剰に忖度をして、疲弊して、上は「要請しただけ」なので誰も責任を取らない。かつての戦時中のような、壮大な無責任体制とメンタリティが相変わらず残存しているのではないかと危惧しています。

岡田憲治: Twitterアカウント

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  3. 3

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。