記事

休校はあくまで要請、法的拘束力ない 学童には開所依頼=首相


[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため前日表明した小中学校などへの全国休校要請について「あくまで要請であり法的拘束力はない」と説明した。宮本徹委員(共産)への答弁。

首相は新型ウイルスの感染拡大防止はここ1―2週間の感染スピード抑制が極めて重要との認識のもと、休校要請を決めたと説明。運用にあたって「地方自治体が柔軟な対応をしていただけるもの」との認識を示した。共働き世帯の子供への対応に関し、学童保育などは「可能な限り開所できるよう自治体に依頼した」と強調した。

(竹本能文※)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  4. 4

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    景気後退時は分散投資を意識せよ

    cpainvestor

  7. 7

    近所に感染者? 犯人探しはやめよ

    やまもといちろう

  8. 8

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  9. 9

    貯金や退職金ない非正規の定年

    田中龍作

  10. 10

    山田くん 笑点を1か月休んだ過去

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。