記事

新型コロナ肺炎は、患者数でなく感染率で考えると見えてくる

新型コロナ肺炎に関して、昨日のエントリーの補足というか。

現在、感染者数上位5カ国は、以下だ。
(ジョンズ・ホプキンス大学統計データ:2/27午後時点)

中国:7万8497人
韓国:1595人
イタリア:453人
日本:189人
イラン:139人
これを人口10万人あたりの患者数に換算すると、こう。

中国:7.8人
韓国:3.2人
イタリア:0.75人
日本:0.19人
イラン:0.17人

患者数では中国が全体の96%を占め突出しているが、感染率でわかるように韓国も相当危ない。発生国である中国が高いのは当然だろうが、最近急速に流行しつつある韓国も要注意だ。

――つまり今注意すべき流行地域は、文字通り桁違いの感染率を記録した中国と韓国ということになる。すでにこれら二カ国の流行地域からの入国制限が始まっているのは、政府の正しい対策だ。当然日本からの渡航も、強い必要性でもなければ、延期しておいたほうが無難。

後は特段渡航に注意すべき地域はない。

また、日本の感染率は中国の50分の1以下だ。中国でさえ冷静に対処しているのだから、パニックに陥る必要はまったくない。連日の報道に情緒的感情的に流されるのではなく、本質を読み取ることが重要だ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  9. 9

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。