記事

生産1月速報は前月比+0.8%、基調判断を小幅上方修正=経産省


[東京 28日 ロイター] - 経済産業省が28日発表した1月鉱工業生産指数速報は前月比0.8%上昇と2カ月連続のプラスとなった。自動車などの増産が主な要因。ロイターの事前予測調査では同0.2%上昇と予想されており、これを上回った。

生産予測指数は2月が前月比5.3%上昇、3月が同6.9%低下。上方バイアスを補正した2月予測は同2.0%上昇となった。このため、生産の基調判断を「前月の弱含んでいる」から「一進一退ながら弱含んでいる」に小幅上方修正した。ただし、調査期間は2月上旬で企業は「新型コロナウイルスの影響を十分織り込んでいない可能性があり、基調判断も今後、再度下方修正する可能性がある」(経産省幹部)。

経産省幹部は指数について「水準は低く、戻りは弱い」「生産上昇に勢いがある感じでない」とコメントし、「消費増税、設備投資減少の影響がある」と説明している。また鉱工業在庫指数が前月比1.5%増加し、2015年基準で過去最高水準を更新しており「注視が必要」(同幹部)な局面という。

1月の生産指数の上昇に最も寄与したのは自動車。昨年の減産からの反動が主因。このほか、航空機部品、印刷業、ゴム製品工業などが寄与した。

一方、半導体・液晶製造装置、ボイラ・原動機、電子応用装置、無線通信機器などは減産となり指数を押し下げた。

*内容を追加しました。

(竹本能文 編集:内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  5. 5

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  6. 6

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  9. 9

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  10. 10

    金メダルでも冷静な柔道の大野将平にみる人間力 日本人の素晴らしさを再確認

    コクバ幸之助

    07月27日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。