記事

具合が悪いとき「気軽に休める社会」に日本は変わるべきだ

1/2

日本で感染症が流行しやすいのは、ウイルスの型や気候のせいだけではない。医師の木村知氏は、「体調不良で休むことに罪悪感を持ち、無理して出社する人が多い。周囲の人も、カゼくらいで休むな、カゼを引くなんて自己管理がなっていないからだ、と考えます。カゼやインフルエンザが流行する原因は、私たちの社会にもあるのです」という——。

※本稿は、木村知『病気は社会が引き起こす』(角川新書)の一部を再編集したものです。

マスクを身に着けて出勤する人々
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Domepitipat

まったく無意味な「陰性証明書」

昨年の冬、発熱した高校生が母親に連れられてクリニックにやってきた。症状が典型的なインフルエンザではなかったこともあり迅速検査を行ったところ、結果は陰性だった。すると母親から、その高校が独自に作成した「インフルエンザの疑い通院証明書 インフルエンザの疑いで検査を受けましたが、その結果は陰性でした」と記された書類にサインするようにお願いされた。

未だにこのような無意味な「陰性証明書」を医療機関に書かせる学校があったのか、と驚いた私はその高校に連絡した。校長にこの書類の意味についてたずねると、「皆勤賞狙いの子たちが、熱が出ても無理をして学校に来てしまうので、熱が出たらすぐに医療機関に行くよう指導することにした。検査で陽性ならインフルエンザと確定するので、休んでも皆勤賞に影響は出ないが、陰性であった子でもその通院と検査のために遅刻や早退、休んだ場合は、その日に限って皆勤賞に影響しないようにした。そのための書類である」

ということであった。この対策は非常に危険だ。

私は校長に、インフルエンザ検査の結果を過信してはいけない旨を説明しつつ、学校の運営に口を挟む意図はないが、皆勤賞は決して好ましい制度とは思えない、と伝えた。なぜならこの制度があることによって、体調不良でも無理をして登校するという生徒が後を絶たないからだ。

皆勤賞が歪んだ社会の根源だ

皆勤賞については、「体調が万全で元気で過ごせた」ということに対して一定の評価を与え表彰するという意味で、その趣旨を理解できないわけではない。しかしそのために無理をしたり、書類を整えるべく医療機関を奔走したりと、今や本来の趣旨からかけ離れた歪んだ制度になってしまっているのではないだろうか。

さらにこのような健康に関して個人を表彰する制度は、健康に過ごせなかった人や、健康に過ごしたくても叶わない人を表彰制度から排除することになり、差別にもつながりかねない。学校という組織が表彰するのではなく、「よく元気でやり遂げたね」と親が褒めてあげることが一番ではないだろうか。

カゼやインフルエンザをはじめとした感染症への対処法や対策は「休む」ことにつきる。「風邪でも、絶対に休めないあなたへ。」という市販の総合感冒薬のキャッチコピーはご存じだろう。「カゼを治せる薬はない」「カゼを引いてしまったら、効く薬などないのだから焦らず寝てください」という私の考えとは真っ向対立するキャッチコピーだ。カゼを引いた人が見れば、休む必要がない薬の存在に希望を持ってしまうかもしれない。

休むことに罪悪感を持つ日本人

しかし実際、この総合感冒薬のパッケージを見てみれば、ほかの市販薬と含まれている成分に大きな違いがないことに気づくだろう。つまり、このCMのキャッチコピーは、カゼで苦しむ消費者に休むことなく治せる薬の存在を錯覚させ、騙(だま)しているといっても過言ではないものだ。医師の私から見れば、詐欺、薬事法(*)違反ではないかとさえ思うのだが、行政からのお咎(とが)めもないのか使われ続けている。

(*)薬事法第66条:何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

この商品広告の違法性についてはこれ以上追及しないが、皮肉にもこのキャッチコピーが、私たち日本人の特異性を端的かつ的確に表現しているという点では、極めて秀逸なCMだ。

カゼを引いたら休むべきだとはいったが、「カゼを引いても休めない」という人が多数派であるということを私も知らないわけではない。

無理をして職場に行ったところで、集中力も続かず仕事にもならないし、咳込んだら同僚や仕事相手も不快にさせてしまう。しかし、ここで休んでしまうと、仲間に迷惑をかけてしまうから、やっぱり今日は絶対に休めない。

「風邪でも、絶対に休めないあなたへ。」

このキャッチコピーが訴求しているのは、まさにこのような消費者に対してであろう。

よく「日本人は勤勉だ」といわれる。私は勤勉というよりも、むしろ休むという行為について、罪悪感を持っているのではないだろうかと思っている。自分が休むと人に迷惑をかけると考えてしまうその心の深層には、休むの対義語が「働く」であって、その働くという言葉には、休むのほか、遊ぶ、怠けるという対義語が存在するとの認識が無意識下にあるのかもしれない。

休みにくい若い世代

毎年、有給休暇について国際比較調査をしている総合旅行サイト、エクスペディアの最新の調査結果によれば、2018年の日本人の有給休暇取得率は、調査した世界19カ国中、3年連続最下位の50%だったという。これはワースト2位のオーストラリアの70%を大きく下回るものだ。

また、「有給休暇の取得に罪悪感がある人の割合」も日本は58%でトップ。逆に「自分は今より多くの有給休暇をもらう権利がある」と考える日本人は54%と、これは世界で最も低かった。

さらに興味深いのは、日本人の中でも世代によって、自分が「休み不足である」と感じている人の割合が異なることだ。18~34歳、および35~49歳の世代では60%以上の人が休み不足を感じている。一方、50歳以上の世代では40%だった。

加えて、上司が有給休暇取得に協力的かどうかという質問に対して「協力的」と回答した日本人は43%で、世界最低だった。上司世代が休むことに消極的であるがゆえに、若い世代も自ずと休みにくくなっているという実態が垣間見える。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  8. 8

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  9. 9

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。