記事

リーマンショック級の「新型コロナウイルス」

■もし、「新型コロナウイルス」の流行が消費増税前だったら?

 「リーマンショック級の出来事が起これば消費税は上げない」と言っていた安倍総理の言葉を昨日のことのように思い出すが、もし、新型コロナウイルスの流行が1年前であれば、消費増税はどうなっていたか? 最近、そんなことを考えてしまう。

 実際のところ、新型コロナウイルス騒ぎは、遅くとも夏までには収まると思うので、リーマンショック級には程遠いと思われるが、国民のパニック度合いを考慮すれば、リーマンショック級と捉えて、消費増税はストップされていたかもしれない。
 それに加えて、オリンピックの方もヘタをすると中止になる可能性が出てきたという意味では、安倍総理の強運にも少し翳りが見えてきたのかもしれない。無茶な消費増税の決行で運が逃げてしまったのだろうか…。

■軽い風邪程度で病院に行くのは日本だけ

 日本は戦後、幸か不幸か、全てアメリカ任せになり、平和ぼけしてしまったことで、自主的に物事を考えようとする人が減少してしまい、非常にパニックに弱い国民性を有するようになってしまった。なにか、自分を導いてくれる存在に依存することが当たり前となり、その大元となったマスメディアからの情報をよく確かめようともせずに、条件反射的に鵜呑みにしてしまう人が増えてしまった。

 それゆえにか、「新型コロナウイルスは危険」という情報を耳にすると、取り敢えず、病院に行って検査してもらおうという発想が真っ先に出てしまう。
 現状、薬もなく、これといった治療方法もないという状況であるにも拘らず、とにかく医者に診てもらえば安心だという人が多い。

 諸外国では、通常、軽い風邪程度では病院には行かないのが普通であり、実際に風邪を直接的に治す薬も存在しないので、自宅で安静にして睡眠を取ることが1番の薬だと認識されている。
 無論、日本ほど医療費が安価ではないので、病院に行けないという人はいる。しかし、そんな人に限って、経験上、風邪は薬無しで自分で治せるということを知っているので、軽い風邪程度では病院には行かないと思う。(何日も症状が改善しない場合は話は別)

■「憩いの場」と化している病院

 こう言うと、「日本の医療はそれだけ進んでいる証拠だ」という人がいるのだが、そういう台詞は医療費を全額自分で負担してから言っていただきたい。必要のない無駄な医療費でパンク寸前の日本の医療費問題を考えてから言うべきだと思う。

 日本は諸外国に較べて医療費が安過ぎる…と言うか、医療保険が手厚過ぎるため、憩いの場として病院を利用している人もおり、とにかく少しでも気になることがあれば病院に行くという習慣が根付いている。

 今回の新型コロナウイルスの検査も公的保険が適用されるという政府発表があったので、感染もしていない人が、わんさと病院に押し掛けることになり、病院はパンクしてしまうかもしれない。ついでに医療保険もパンクということにならなければいいのだが、そんなことは気にも止めずに、目の色を変えて、病院に向かう人々の姿が目に浮かぶ。

■感染を恐れる人が感染者に最も近付くという皮肉

 そんなことになるのも、軽い風邪程度では慌てて病院に行く必要はないということを、医者自身がアピールしてこなかったことにも原因がある。病院も客商売という一面があるので仕方がないとはいえ、普段はどんなに軽い風邪患者でもホイホイと無条件に受け入れてきた病院が、いざ、患者が多過ぎて手に負えなくなると、「これ以上、面倒は見きれません」ということになってしまう。

 しかし、普段、必ずマスクを付けて、人混みを避けることに執心している人が、最も感染者が集まりウイルスが蔓延しているであろう病院に引き寄せられるというのだから、実に皮肉な話だ。
 ある意味、これぞ、「引き寄せの法則」とも言える。病気(ウイルス)を避けたい、という思いが、現実的に病気(ウイルス)を引き寄せてしまうという皮肉。そして、当人はそのことに気が付かない。
 ついでに言うと、そういった悪循環が一国の経済を衰退させ、景気の悪化に繋がることにも気付かない。

 こう言うと、「人命よりも経済の方が大事なのか」と言う人がいるかもしれないが、「経済」とは「経世済民」つまり「世を治めて民を救済する」という意味であり、決して人命と相反するものではない。経済が衰退すれば人命も失われることになる。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  3. 3

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  4. 4

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  5. 5

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  8. 8

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。