記事

突然の政府から「一斉休校」要請。政治がいま為すべきことのまとめ

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

日本列島が揺れ動いています。私自身、突然の思い切った決断に最初はただ驚くばかりでした。

全国の小中高 臨時休校要請へ 来月2日~春休みまで 首相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200227/k10012304751000.html

私自身の率直な受け止めで言えば、

●「要請」では自治体と現場に負担が激増し、地域差が出る
●共働き・ひとり親家庭の生活に甚大な影響が発生する
●とりわけ医療・福祉機関の働き手確保に懸念がある

等の理由から、一斉休校という判断には疑問もありますし、自分がリーダーであれば取らなかった一手ではあると思います。

しかしながら、未知のウイルスに対する危機管理として理解できる部分もあり、政治の「大方針」が決められたわけですから、建設的にこれから政治のなすべきことを考えていきたいと思います。

●働く親たちへの対応、とりわけ医療機関への配慮

まず何より、私も小さな子どもを持つ親として、真っ先に気になったのがこちらでした。

すでに休校に向けた検討をしていた大阪市では、休校期間中も学校で子どもを預かる対応をいち早く表明。

千葉市も同様の方針を市長が発表していますが、これを全国基準にできるかどうかが鍵となります。

子どもを持つ親世代が働けなくなれば、医療・福祉現場にも甚大な影響が出ます。

「保育園は一斉休校の対象ではないから大丈夫」

という声もありますが、例えば小学校1年生の子どもを持つ保育士さんは、学校が止まれば自分自身が出勤できなくなる可能性があるわけです。

学校現場→保育現場→医療現場…と様々な労働環境に本件は波及していき、その影響については正直、現在のところ検討がつきません。

こうした点も十分に考慮した上での政府決定だと信じたいですが、明日以降にどのようなアナウンスが行われるかも含めて、政府にしっかりと確認・要請をしていきたいと思います。

●市場の想像を遥かに超える、大胆な経済政策

上記の働き手の問題等から、全国一斉休校は大規模イベント自粛以上に経済的ダメージをもたらすことが考えられます。

早急に、週末に入る前に、大胆な経済政策を打ち出して市場にメッセージを出さなければ、株価を含めて大変なことになる可能性が極めて高いです。

そこで具体的には、まず何よりも減税です。消費税を減税する無二の機会と捉えて、まず対応が容易な全製品への軽減税率適用(≒事実上の8%への減税)を決断すべき時です。

もちろん大規模イベントを自粛した企業への補助金や融資の拡大、そして昨日のブログでも触れたフリーランス・個人事業主への対応も必要不可欠です。

政府のみならず日銀も緊急記者会見を開き、「金融緩和を十分な形で継続する」というメッセージを打ち出すべきでしょう。

おそらくその方針を取ると思いますし、金融緩和に限界もありますが、市場に強いメッセージを出すことは重ねてやっておくべきです。

加えて、この局面では香港政府のように何らかの形で国民への直接給付を検討しても良いかもしれません。特に働けなくなり、収入が直撃する人々は死活問題に陥ります。

財政出動が必要だからといって、公共事業などに支出しても「中抜き」が発生しますし、前述の通り働き手の問題が発生しますから、直接給付がベターです。

とにかく、優先順位は手戻りが少なく、政府の意思ですぐにでも実行できる減税です。政府の決断を期待し、強く要請します。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。