記事

北朝鮮党幹部が遂に漏らした「新型ウイルス感染者が発生」

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡散の舞台が、中国から日本や韓国に移りつつある。北朝鮮と国境を接する中国の吉林省では23日、遼寧省では22日以降、感染者が増えていない状況だが、北朝鮮からは感染者発生の公式情報はない。

しかし、最近開かれた政治講演会で、感染者発生の情報が伝えられた。

処刑部隊が逮捕

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、今月14日に道内の金亨稷(キムヒョンジク)郡で新型コロナウイルスに関する緊急講演会が開かれた。その場で里(村に相当)の党委員長が伝えたのは「黄海道(ファンヘド)で感染者が出た」ということだ。

黄海道は北朝鮮南西部にあり、軍事境界線を挟んで韓国と向かい合う地域だ。

委員長はさらに、他地域への移動を禁止すること、風邪の症状が現れれば病院で診察を受けること、手の消毒を励行することなどを伝えた。

情報筋は「本当に黄海道で感染者が出たのか、単に言い間違いなのか、確認が難しい」と述べている。事実だとしても、当局が国内外に知られたくない情報を、里の党委員長にまで伝えるのかという点で疑問が持たれるが、情報隠蔽が徹底されているため確認のしようがない。実際、今月8日には拷問や公開処刑を担当する秘密警察の保衛部が、新型コロナウイルスに関わる国内情報を外国に流した女性らを逮捕している。

(参考記事:新型ウイルス情報を流出…「拷問部隊」に逮捕された女性らの悲惨な境遇

北朝鮮各地では高熱により死亡する人が続出している。例えば、首都・平壌では高熱により3人が死亡したが、家族ではなく当局の手によって遺体が火葬されたとの情報がある。

(参考記事:新型ウイルス、北朝鮮で「3人死亡・18人感染」の情報

その前にも、中国に隣接する新義州(シニジュ)や義州(ウィジュ)で原因不明の高熱で死者が出るなど、ウイルス侵入が疑われる情報が伝えられている。

(参考記事:北朝鮮「謎の高熱」で5人死亡、新型肺炎か不明も当局は隠ぺい

一方、平壌の兄弟山(ヒョンジェサン)区域にある偵察総局の地下バンカー勤務者が、原因不明の腹痛を訴え、新型コロナウイルスに感染したのではないかとの懸念が広がったが、アメーバ赤痢であることが判明している。

(参考記事:北朝鮮の工作機関員らが苦痛訴え…「新型ウイルス」警戒下で緊張走る

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。