記事

英BP、米業界3団体から脱退へ 気候変動対策巡り不一致


[ロンドン 26日 ロイター] - 英石油大手BP<BP.L>は気候変動対策に関する方針の不一致を理由に、米国の石油精製ロビー団体、米燃料石油化学製造者協会(AFPM)および他の2つの米業界団体から脱退する方針を発表した。

今月初めに就任したばかりのバーナード・ルーニー最高経営責任者(CEO)は2050年までに石油・ガス生産からの温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げている。

ルーニーCEOはインスタグラムへの投稿で、BPに対する人々の信頼向上を目指して、世界中で加盟している30以上の業界団体について、メンバーであり続けるべきかどうか再検討していたことを明らかにした。

ルーニーCEOは発表文書で「BPは、エネルギーの移行期に野心的で進歩的なアプローチをしており、そうした方針を共有できる組織と協力する機会を追求する」と表明した。

BPは、二酸化炭素(CO2)の削減効果に価格を付ける「カーボンプライシング」に関する考え方がAFPMとは一致しなかったとしている。

AFPMには300社前後が加盟している。

BPはこのほか、同じく米国の業界団体である西部州石油協会(WSPA)および西部エネルギー連盟(WEA)の会員資格も更新しないことを明らかにした。

AFPMのチェット・トンプソンCEOは、「AFPMは現在もこれまでも、気候変動対策を支持してきた。それゆえにBPの決定は、この問題に関するわれわれの実際の立場以外の事実に基づいていると考える」と述べた。

英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>と仏トタルも昨年、AFPMから脱退する意向を表明した。

一方、BPは米国最大のエネルギー業界団体である米石油協会(API)は脱退しない方針で、環境活動家から批判されている。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。