記事

新型コロナで相次ぐ自粛… コンサートは中止や延期、海外渡航は困難に

国内だけでも900人近い感染者と、7人の死亡者を出し(いずれも2月27日午前10時半現在)、感染拡大が進む新型コロナウイルス。政府が26日にスポーツや音楽イベントなどについて、約2週間にわたって中止や延期するよう要請したことを受け、コンサートの中止やプロ野球・オープン戦の無観客試合での実施などが相次いでいる。

新型コロナの感染拡大による影響はこうしたイベントなどに限らない。学校の臨時休校を決めた自治体もあり、所得税の確定申告の期間が4月16日まで約1カ月延長が決まるなど、市民生活への影響も広がっている。

新型コロナウイルス感染症対策本部会合であいさつする安倍首相。手前は加藤厚労相=26日午後、首相官邸(共同通信社)

政府が2週間の大規模イベント自粛を要請

大きなきっかけは24日夜、政府の専門家会議が「これから1、2週間が急速な拡大か収束の瀬戸際」という見解を発表したことだった。これに続いて、26日に首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、安倍晋三首相は「今がまさに感染の流行を早期に終息させるために極めて重要な時期だ」と説明。

その上で、「全国的なスポーツ、文化イベントなどについては大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は中止・延期または規模縮小などの対応を要請することとする」と表明している。



AKB、星野源のライブにも影響 NHKのど自慢も3週連続中止へ

コンサートなどでは、中止が相次いでいる。

これまでに、京セラドームで開催予定だったEXILEの「EXILE PERFECT LIVE 2001→2020」(26日)、東京ドームで予定していたPerfumeの「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」(26日)の中止が中止された。

他にも、開催の中止や延期が決まった主なものは次の通り(27日午後3時現在)。

AKB48
『TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー~47の素敵な街へ~』(3月1日)の茨城県公演=延期
星野源
「Gen Hoshino presents “Assembly” Vol.01」の横浜アリーナ公演(3月4、5日)、大阪城ホール公演(3月17,18日)=いずれも中止
LUNA SEA
「LUNA SEA 30th Anniversary Tour 2020 -CROSS THE UNIVERSE」の宇都宮市文化会館(2月27、28日)、石川・本多の森ホール(3月7、8日)=いずれも延期
米津玄師
「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」の宮城セキスイハイムスーパーアリーナ公演(2月27、28日)、三重県営サンアリーナ公演(3月7、8日)=いずれも中止
NHKのど自慢生放送
岡山県高梁市(3月1日)、山形県米沢市(同8日)、長崎県諫早市(同15日)=開催・放送を中止

プロ野球・オープン戦は無観客で開催される=Getty Images

プロ野球はオープン戦を無観客に Jリーグも公式戦を延期

プロ野球のオープン戦は今年、2月16日に開幕していた。NPBは26日に12球団代表者会議を開催し、3月15日までのオープン戦全72試合と、ファームの春季教育リーグ全試合について、観客を入れずに実施すると表明した。

こうした流れを受け、中日は、高木守道元監督の追悼試合を2月29日の広島戦、3月4日の西武戦で予定していたが、それぞれ延期に。阪神も3月8日の巨人戦で行う予定だった野村克也さんの追悼試合の延期を決定した。

サッカー・Jリーグは、3月15日までに開催予定だった公式戦94試合(ルヴァン杯16試合、リーグ戦78試合)について、延期を決定している。

マラソン関係では、3月1日の東京マラソンでは当初は3万8000人規模で予定されたが、一般参加を取りやめ、エリートの部の200人規模まで縮小する(車いすも同様にエリートの部のみに)。同様に3月8日に開催の名古屋ウィメンズマラソンもエリートの部だけで開催する。

他に、テニスではテニス男子の国別対抗戦・「デビスカップ」が、ゴルフでは国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」が無観客で行われる。

確定申告期間も1カ月延長へ 日経平均株価は急落

例年なら、相談者で混雑する確定申告の会場。政府は相談者の集中を避けるために、3月16日までの所得税、3月31日までの消費税のそれぞれについて、約1か月間期間を延長する方針を固めた。

東京株式市場への影響も大きい。感染拡大への警戒感が強まり、日経平均株価は27日、一時、2万2000円を下回った。2万2000円を下回るのは4か月半ぶり。午後になると売り注文が膨らみ、26日終値と比較して500円以上値下がりしている。

水際対策は 中国韓国の一部地域からの入国を拒否

感染拡大の防止へ重要となる水際対策。日本政府はこれまで、中国・湖北、浙江両省に滞在歴のある外国人について、入国を拒否している。この政策を27日からは、韓国の大邱市と慶尚北道の一部地域にも適用する。

一方、日本人の入国を拒否する規制も広がっている。韓国人グループの感染が発覚したことをきっかけに、イスラエルは24日から新たに日本人と韓国人の入国を拒否。同様の政策はミクロネシアやサモア、ソロモン諸島などが実施している。

空の便も影響が大きい。日本と中国、韓国を結ぶ便で運休が相次ぎ、ANAは関西空港と中国を結ぶ全便などの運航を取りやめる。

記者会見で何度も汗をぬぐっていたイラン保健省の副大臣(左)=Getty Images

中韓に続きイランも 政府が感染症危険情報

また、日本から国外への移動についても、外務省は注意を呼び掛けている。

中国・湖北省全域と浙江省温州市について、「渡航は止めてください」と渡航中止勧告(レベル3)、他の中国全土には不要不急の渡航を控えるよう呼びかけるレベル2を定めている。韓国についても、宗教団体を発端とする大規模感染が明らかになった大邱広域市、慶尚北道清道郡についてレベル2としている。

さらに、新たにレベル2が出されたのがイランだ。26日までに19人の死者が確認され、中国に次ぐ数となった。記者会見でコロナウイルス対策を説明してきたイラン保健省の副大臣が、コロナウイルスに感染していたことが判明している。

イランと周辺国を結ぶ航空便の運休も相次いでおり、4月末からの2週間の旅行を計画していた東京都杉並区の男性会社員(35)は「日本を出国しても入国を拒否されることや、逆に日本に帰国できないなどいろいろなリスクが想定される」と肩を落としつつ、「痛恨の極みだが今回は断念し、コロナウイルスが落ち着くことを願うばかりです」と前を向いていた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。