記事

紅白出場女性歌手が薬物で捜査線上に 沢尻や槇原超える衝撃

沢尻、槇原の次はいったい?

 沢尻エリカ(33才)、槇原敬之(50才)と、大物芸能人の違法薬物に関する逮捕が相次ぐ中、今度は「NHK紅白歌合戦」に出場経験のある歌手「A」の名前が捜査線上に挙がっているという。

【別写真】一点を見つめる沢尻エリカのまなざし

 Aは過去に薬物使用の噂がたったことはなく、女性を中心に幅広い支持を集める人気歌手。切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。逮捕となれば、沢尻や槇原を超える衝撃が予想されている。

 Aに“大きな変化”が見え始めたのは、2010年頃からだという。

「支離滅裂なことを言い出したり、時間を守れないことが増えました。やせて顔も青白くなり、歌声がかすれてしまう日も多かった。体力が落ちたのか、ライブ後には足元がおぼつかないことも。周囲が心配して声をかけても、本人は“大丈夫”“なんでもない”と言って、耳を貸そうとしない」(Aを知る関係者)

 Aには男女トラブルの過去があるようだが、それも薬物使用が原因だったという。捜査関係者が言う。

「パートナーの男性はAが違法薬物を使っていることに気づき、やめるよう再三注意したそうです。それでもAは薬物をやめられず、結局、“別れ”に至った。薬物絡みの金銭トラブル、覚醒剤を使用した性行為などに関して、具体的な話もあがっていました」

 現在、Aはメディアへの露出が激減。テレビ関係者の間では「Aを使うな」というのが“鉄則”になっている。

「薬物の影響かはわかりませんが、Aは情緒が不安定で、ここ数年は仕事のドタキャンも増えていました。危なっかしくてとてもオファーできる状態ではありません。所属事務所でもコントロールがきかずに困っている様子です」(テレビ局関係者)

 Aが逮捕目前といわれる背景には、大物芸能人の違法薬物逮捕をめぐる「マトリvs組対5課」の競い合いもある。

 マトリとは「厚生労働省地方厚生局麻薬取締部」の通称で、厚労省内部にある麻薬取締組織だ。マトリの捜査官は「司法警察職員」という国家公務員で、捜査権・逮捕権だけでなく拳銃の所持も認められている。

 一方、組対5課は違法薬物や銃器対策の捜査を担当する、「警視庁組織犯罪対策5課」のことだ。

「どちらも違法薬物の取り締まりを行う組織なので、かつては“犬猿の仲”といわれるほどに競い合っていました。いまでは交流もありますが、予算などを巡って負けられないライバル関係にあることに変わりはありません。ピエール瀧(52才)を逮捕したのはマトリで、沢尻と槇原は組対5課。どちらも“次の大物はウチが逮捕する”と息巻いています」(麻薬捜査に詳しいジャーナリスト)

 先日の槇原の逮捕は、これまで以上に違法薬物使用での逮捕が厳格化したことを意味するという。

「槇原容疑者のケースは0.083gという微量で、しかも使用したのは2年前のこと。以前なら“逮捕しても起訴できない”という事態を避けるため、逮捕には踏み切らなかったでしょう。しかし、東京地検の麻薬事件担当の検事が最近交代し、かなり起訴に積極的な検事になったので、組対5課は逮捕に踏み切った。この流れは、しばらく続くかもしれない」(前出・捜査関係者)

※女性セブン2020年3月12日号

あわせて読みたい

「薬物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。