記事

非常時だからこそ、試される叡智。

1/2

前日の対策本部の「基本方針」決定に続き、今日は安倍総理が直々に「イベント中止要請」を行った、ということで、週末のスポーツイベント、有名アーティストのライブといったところから、いろんな会社のセミナーや投資家説明会に至るまで、続々と中止の報を聞くこととなった。

いつもなら、こういう雪崩を打つような動きを目の当たりにして、腹立ちの方が先に来ることも多かったのだが、今回の一連の話は、単なる「自粛」でもなければ、来るかどうか分からない「余震」とか、その他の天変地異を恐れてのことでもなく、まさに目の前に迫りつつある脅威を避けるためのものだから、さすがに仕方ない*1

今日の日経朝刊で「判断基準に明確さを欠く」と書かれてしまったように、昨日の「基本方針」には、一読しただけだと現実の脅威がどの程度のものなのか、今どこまでやるべきなのか、ということが今一つ伝わりにくい、という弱点がある。

おそらく、今の政府関係者は、9年前、時の宰相が、危機時の感情をあまりに全面に出しすぎる形で振る舞い、強烈なメッセージを発信し続けた結果、それが後々まで尾を引くことになった*2、という歴史を反面教師としているのだろうと思われるし、それだけに、世の中に対するメッセージの発し方も実に”慎ましやか”。

特に、経済活動に大きな影響が出るようなメッセージは、できるだけ婉曲に・・・という雰囲気は、昨日の時点でもまだ感じられる。

ただ、この一週間くらいの間の関係閣僚の発言のスタンスや、世の中に打ち出すメッセージのトーンの変化を見ていると、背後では(まだ表には出ていない)現状の把握と、それに基づく「ワーストシナリオ」はちゃんと想定されているようで、これからジワジワと「表」のトーンも現実に近づけていくのだろうな、そしてその第1弾が今日の総理の発言だったのだろうな・・・と、自分は受け止めているところである。

そして、まだ世の中に半分くらい残っている、一連の動きを半信半疑で眺めている人や、「何を大げさな・・・」と嘲笑する人々、手洗い・うがいで予防しておけば大丈夫だろう、という感覚で受け止めている人々が、限りなくゼロに近づく段階までは、こんなモワモワした警鐘が鳴らされ続け、事業者や自治体、そして世の中を構成する一人ひとりが、大なり小なりの判断を迫られる日々が続くのだろう。

これをもって、単に「強制」に伴う法的リスク、政治的リスクを回避しているだけじゃないか!と批判するのは簡単。

でも、逆にそういった「強制に至らない警鐘」という状況だからこそ、それぞれの当事者が発揮できるささやかな叡智もある。

例えば、「株主総会」に対するスタンス一つとってもそう。

11月期決算会社は、今週がまさに佳境。そして、12月期決算会社はここからが本格的な「直前期」となるこのイベント、有名アーティストのライブのように来場者が皆胸をときめかせて足を運ぶ類の行事では本来ないはずだし、開催する側にしても、もともと来場者が多ければ多いほどうれしいというものでは到底ないのだが、かといって、会社法上、株主全員の同意を得ない限り、開催しないわけにはいかない、という代物だから、上場企業にとっては「中止」することも、簡単に「延期」することもできない。

これに関して、最初に話題になったのは、

「当社は、2019年12月期の当社株主総会につきまして、新型コロナウイルスの感染予防および拡散防止のため、株主様の安全を第一に考え、開催日を変更し、例年よりも縮小した規模で開催させていただくことを決定いたしました。」(強調筆者、以下同じ)

と、開催日を平日に変更した上に、規模の縮小まで宣言したGMOインターネット㈱の事例*3だったように思う。

「来場特典の取りやめ」までは理解できるとしても、

「なお、株主総会議場にご来場されても、充分なお席が確保できない可能性がございます。万が一お席がご用意できない場合、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。」

と、これまで「余裕をもって会場を確保せよ(さもなければ、決議取り消しのリスクすらある)」というドグマに縛られ、使いもしない第二会場までわざわざ用意していた企業の担当者からすると腰が抜けるような断りが入っていたり、

「また、株主様におかれましては、可能な限り電子行使または郵送にて議決権の事前行使をお願いするとともに、株主総会当日は、ご自宅でもご覧いただけるようインターネットライブ中継を行う予定です。」

といった「当日来場しないでくれ」と言わんばかりの案内がなされていたり、といった点については、批判的なトーンで取り上げる人も少なからずいた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。