記事

ニューデリー、2年連続で大気汚染最悪都市 北京の2倍超


[ニューデリー 26日 ロイター] - スイスに拠点を置く団体IQエアビジュアルが発表した2019年の報告書によると、インドの首都ニューデリーが2年連続で世界で最も大気汚染が深刻な都市となった。

また、世界で最も大気が汚れている30都市のうち、21がインドの都市だった。

調査は大気中の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度を測定。それによると、ニューデリーは1立方メートル当たり98.6マイクログラムで、9位となった中国北京(42.1マイクログラム)の2倍以上だった。

ニューデリーの大気汚染は、自動車の排ガス、産業関連の排気、建設現場の粉塵、ごみ焼却や近郊で行われる余剰作物焼却などが原因。

ただ19年には、インドのPM2.5濃度は前年に比べ「広範囲な改善」が見られたと調査は指摘した。主に、好ましい気象条件、政府の大気清浄化対策、経済全体の減速などが奏功したとみられている。

調査は、「改善は見られるものの、インドは依然、深刻な大気汚染問題に直面している」とした。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。