記事

新型コロナウイルスPCR検査の意味 もう今の時期には無駄な仕事を増やすだけ 検査のために病院に行くのはわざわざ感染しに行く愚の骨頂

新型コロナウイルスPCR検査について、検査推奨派(以前ほどではないですが)、検査慎重派と医師の間(師匠と弟子なんですが)でも少し意見が分かれています。

それこそ私も初期はもっとやればいいと言っていた人間です。でも今は違います。もうなんでもかんでもやる時期ではありません。(その意味では今の久住先生と同じ立場です。)

ダイヤモンド・プリンセス号の時はまだ封じ込めをやっていた時期、そう陽性者を無症候でも隔離しようとしていた時期です。だからさっさと全員検査をやって、陽性者、陰性者を分けて対応すべきという意見があったのです。そうすれば少しは新たな患者を減らせたかもしれませんが、船の様々な問題(構造、外交、人手不足等)考えると多分難しかったと思います。

でも今は市中感染が起きている時期、そこらへんに無症候感染者がいる可能性がある時期、そして検査で陽性が確定しようが、疑いのままでいようが治療含め対応が基本変わらない時期です。

また少し難しい話ですが、検査陰性でも完全には感染が否定できないということはインフルエンザでも当たり前の事実です。陽性なら確定、でも陰性でも否定できないという事実、そう診断しても大きく方針は変わることはありません。

バズフィード の検査の記事に対するツイートです。そう普通の風邪でもコロナウイルスと思って対処すればいいのです。基本この時期に風邪引いたら新型コロナウイルスの可能性を考え、人にうつさせないようにすればいいのです。ましてインフルエンザのような特異的治療薬はないのですから。

インフルエンザのようにどんどん検査して診断して安心を与えよという意見は十分わかります。でもそれを安心のためだけに認めると、もう今となっては隔離もできない軽症の感染者を増やすだけで、医療者の仕事量だけ増やし、重症患者の転機に悪影響は与えても、軽症患者に好影響もほとんど与えません。

モーニングショーで軽傷者を早く見つけて重症化を防ぐとテレビで述べていた医師がいましたが、早期診断してもしなくても新型コロナウイルス患者の転機は変わりませんし、早期に見つければ重症化させない方法なんて実験的投薬含めてまだ確立されていません。このことをわかっていないのがテレビ朝日玉川さんなんですが。

ただの思い込みの自己満足だけに多量の検査費用と労力をつぎ込むだけです。結果病院の現場では院内感染リスクが高まり、医療者自身にミスが起きるでしょう。本当わざわざウイルスを拡散させるという馬鹿げたことです。

もう時期が変わったのです。それをわからないでテレビで検査すべきだといまだに吠えている番組。検査難民がいることはわかりますが、そして感情的に番組として作りやすいのはわかりますが、メディアとして今何を伝えることが大切なのかを考えて欲しいです。

あと高山先生の最新版解説に対するツイートです。
>実のところ、現時点では、皆さんが普通に暮らしていて、新型コロナウイルスに感染する可能性はほとんどありません。ショッピングモールに行こうが、ボーリングに行こうが、まあ感染することはないでしょう。ただ、唯一、リスクある場所があります。それは病院です。だから、いまの段階で最も実効性のある感染予防とは、「行かなくていいなら病院に行かないこと」ですよ。
またいろいろ変わるかもしれません。死者も出ています。現場は本当に一生懸命賢明やっています。その中、現場での妥当な判断として、このことを含めて検査のために病院に行くのはわざわざ感染しに行く愚の骨頂としてまとめます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  9. 9

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。