記事

自民党知財調査会で、音楽・演劇・映像分野における実演家の制作環境について議論しました。

2月26日は、朝8時より自民党の知財調査会が開かれ、音楽・演劇・映像分野における実演家の制作環境について専門家からヒアリングを行いました。

制作現場の実態を国際比較すると、映像・音楽・アニメすべての制作現場の環境は欧米に劣っているのが現実です。例えば書面契約は定着しておらず、収入状況も低いままです。具体的には日本のスタジオミュージシャンの基準演奏料金は1時間8400円です。

それに対しEUは20年間の間にレコード会社が得た収入の20%がスタジオミュージシャンのための基金に充当されています。米国でも契約条件は詳細まで取り決めされていますし、ソロ・デュオ歌手の場合、レコーディング1時間あたり最低251ドルのレートを定めています(SAG-AFTRAの労働協約)。

わが国ではスタジオミュージシャン含む、ミュージシャン全体の保護や正当な報酬を獲得できる制度が不十分です。これが知財調査会事務局が作成した制作現場の国際比較の概要資料です。

私はミュージシャン(スタジオミュージシャン含む)の環境改善のためにも、参加ミュージシャンに関する情報が漏らさず報告され、一元管理できるデータベースを検討する必要があると主張しました。

現在存在する演奏参加者のデータベース「P―LOG」の情報を共有することで、すべての参加ミュージシャンがメリットを享受できるのでないか、ということも含めて私が事務局長を務める知財小委員会で引き続き議論を進めていきます。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。