記事

検察の人事 解釈の口頭決済はルール違反

コロナウイルスのニュースが前面に出ている中で、国会で、とてもまともとは思えない政府の答弁が、検察の人事について行われていることを見逃すわけにはいきません。政権に近いとされる黒川弘務高検検事長の定年延長を巡っての森法相などの答弁です。

1981年に国家公務員法改正で定年延長規定が新設された際には、この規定が検察官には適用されないという見解を、政府が文書に記していたことが判明しています。その際の想定問答集に、検察官について「年齢についてのみ特例を認めたのか。それとも全く国会の定年制度からはずしたのか」という質問を設定し、回答の中で「勤務の延長」について「適用は除外される」と明記している、とのこと。

今回の定年延長問題を巡っての政府の対応は、その場しのぎとしか言えません。2月3日に、検察庁法に定年年齢が明記されているにもかかわらず、1月31日の閣議で延長を決めたことについて、森法相が国会で「国家公務員法の規定を適用した」と答弁。10日に、「同法は検察官には適用されない」という政府見解があることを野党議員が指摘。

12日に、人事院の局長がこの見解について「現在まで同じ解釈を続けている」と答弁。13日に、首相が「今般、適用されると解釈することとした」と答弁。19日に、人事院の局長が、先に答弁した「現在」とは1月22日のことだったと修正。誤った理由は「つい言い間違えた」と。20日に、解釈変更の証拠として人事院が示した文書に、日付がないことが判明。法相は「必要な決済をとっている」と答弁。

21日に、法務省の事務方が予算委員会理事会に「日付を証拠づける文書はない」「口頭による決済を経ている」と説明。25日に、法相が会見で「口頭でも正式は決済だ」と表明。といった経緯を見ても、おかしいことがわかります。法相が、既存の法律の解釈変更を、口頭で決済しても問題ないという認識を示したことは、大きな問題です。すでに確立している法解釈を文書も残さずに変更したのでは、検証もできません。

何でもありの今の政権では、文書を破棄したり改ざんしたりしてきましたが、今回は公文書の作成すらしない口頭決済というのは、法治国家としてルール違反だと思います。定年延長については、自民党の幹部からも説明を求める声が出ているとのこと。検察内部からも批判がある、と報じられています。政府は、こうした声をしっかり受け止め、今回の定年延長を撤回すべきだと思います。

あわせて読みたい

「検察」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。