記事

「検査が遅いのは厚労省側のウラが?」新型コロナ対策で「NEWS23」上昌広さんの辛口解説を聞け!

1/2

 新型コロナウィルスの感染拡大をニュースを見ていて「モヤモヤ」している人が多いことと思う。

「ひょっとして日本の政府(政治家や行政も含めて)はダメなのではないのか?」

 クルーズ船での対策を見ても、陰性とされて下船した乗客の感染や発症するケースが次々に発覚して、そんな疑念も膨らんでしまう。

 こういう緊急時にこそ、人びとが頼るべきなのは報道機関だ。緊急対応に追われる政府にも間違っている点があるのではないかと批判的に見る視点だ。ともすれば、こういう緊急時になってくると政府が発表する方針などの内容について解説するニュースが多くなっていく。他方で、そうした政府方針そのものを批判的に捉える報道は姿を消しがちだ。

 新型コロナウィルス感染をめぐる報道ではどの報道機関がいちばん信頼できるのか? 

 テレビ局であればどの局のどの番組が信頼できるのか?

 そういう時に「番組を評価する尺度」になるのが「誰を専門家として呼んでいるのか」だ。 

 かつて、テレビ局は2011年の東日本大震災にともなって起きた原発事故で、局の中に専門記者があまりいない現状や信頼できる専門家をふだんからどのように確保するかの大切さを痛感したはずだ。

 今、テレビや新聞などの報道機関の記者や番組制作者にとっては新型コロナウィルス感染拡大の報道にあたって、「信頼できる専門家」をどうやって確保するかが痛切な課題になっているはずだ。ふだん報道機関の記者たち自身は「基本的になんでも屋」である一方で、あまり専門知識がある集団ではないからだ。

 日本政府が新型コロナウィルス感染拡大を防ぐための「基本方針」を公表した2月25日(火)の夜。各テレビ局の看板ニュース番組がスタジオの解説の専門家として誰を呼んで、どのように解説させたのかを見ていこう。あらかじめお伝えしておくとTBSの「NEWS23」の報道が他局に比べると抜群によかったのである。

 それと比べると、「NEWS23」以外の番組はどこも同じような内容だった。

NHK「ニュースウォッチ9」押谷仁・東北大学大学院教授(WHOでSARSなどの感染症封じ込めを指揮。政府の基本方針について助言する専門家会議のメンバー)

 番組では基本的に政府の基本方針を解説した。政府の危機感を視聴者向けに解説するような内容だった。

日本テレビ「news.zero」松本哲哉・国際医療福祉大学主任教授(感染学が専門)

 番組では政府の基本方針について解説し、どういう場所が感染リスクが高いかなどを基本方針に沿った解説をした。

テレビ朝日「報道ステーション」仁木芳人・昭和大学医学部特任教授(感染症診療部門の科長も務める日本感染症学会感染症専門医)

 番組では基本的に政府の基本方針を解説した。政府の危機感を視聴者向けに解説するような内容だった。

 ちなみにフジテレビの夜ニュースは感染症を専門家をスタジオに呼ぶこともしていないので割愛する。またテレビ東京の夜のニュースは経済への影響という観点での報道だったのでこれも割愛する。

TBS「NEWS23」上昌弘・医療ガバナンス研究所理事長(都立駒込病院、虎の門病院などで勤務。元東京大学医科学研究所特任教授)

「NEWS23」は「なぜ検査できない?」という切り口で、新型コロナウィルスの現状を深掘りしていた。

(クリニック医師)

「軽症の方は風邪と見分けがつかないのが実際のところ」

(別のクリニック医師)

「今は疑いがあるケースでも検査が十分にできない。『一回入院して様子を見てください。酸素をつけなくてはならない重症肺炎での検査ができない』という話でした」

 「NEWS23」では、日本政府は先週の国会答弁で「民間の検査会社や大学などに依頼し、

1日あたり3830件の検査が可能

だと発表したとする。

 ところが番組が厚生労働省のホームページの数字をグラフ化してみると、1日あたりの検査(PCR検査)実施数(チャーター便・クルーズ船を除いて)

1日あたり9件から96件の検査が実施された

という。

 25日の予算委員会でも、野党側からも検査件数の少なさが指摘されていた。

 質問した山井和則衆議院議員が「驚きの数字ですよ」「てっきり1日3000件くらいPCR検査がされると思っていた」と追及すると、加藤厚労相は「全体の検査件数は把握しくきれていない」と答弁した。

 TBSが東京都の担当者に取材すると「東京都が行ったPCR検査の実施件数はこれまでに375件。すべて国に伝えている」。

 和歌山県も23日までに670人を対象に検査を実施。国にすべて報告していると回答した。

 一方、韓国では屋外検査場を全国に492カ所設置して電話相談での聞き取りで感染が疑われる場合には検査を受けることができるのだという。

 韓国では2月18日の1054人から日に日に増加し、2月25日だけでも

1日で7548件の検査が実施された

という。

 韓国では25日の時点で民間を含めて79機関で検査を行っていて、

3月には100機関で1日1万件の検査

に拡大するという。

 こうしたVTRを受けて、スタジオでは医療ガバナンス研究所の上昌広(かみ・まさひろ)理事長が解説した。

 小川彩佳キャスターは検査の数をめぐる日韓の差について

「1日あたり100件が最大の日本のグラフと1万人が最大の韓国のグラフは”桁違い”」

と表現して、韓国の累計検査数が(25日16時時点で)40304件なのに対して、日本の累計検査数が913件(厚労省は一部、地方の数字が反映されていないと説明)というのをどう考えるべきか上理事長の見解を聞いた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  5. 5

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  6. 6

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  8. 8

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  9. 9

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  10. 10

    感染拡大 政府に翻弄される沖縄

    神里純平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。