記事

ファミレスで河野太郎議員とロンドンブーツ1号2号田村淳氏が対談!~消費増税から原発問題まで~【前編】

1/6
田村淳氏・河野太郎氏(撮影:田野幸伸)
田村淳氏・河野太郎氏(撮影:田野幸伸) 写真一覧
ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が休日を利用して、気心の知れたスタッフと主にネットで活動しているという「淳の休日」。今回新企画としてざっくばらんにファミリーレストランで語り合う「ザクバラ」がスタートしました。渋谷のデニーズで年金制度や原子力政策・反原発デモなどについて、国会議員と田村淳氏が本気で語り合い、それをネット生放送するという、斬新な対談となりました。(6月28日取材)【編集部 田野幸伸】
※対談後編はこちら

生配信は事実がねじ曲げられない

淳:本日衆議院議員の河野太郎さんにおいで頂いています。よろしくお願いいたします。

河野:よろしくお願いいたします。

淳:僕がプライベートでやっている企画なんですが、淳の休日ざっくばらんに語る、ファミリーレストランでいろんなことを聞いてみよう。という「ザクバラ」というコーナーを今日から立ち上げました。

USTREAMとツイキャスでお送りします。河野さんはTwitterをやっていらっしゃるので、ご存知かと。ツイキャスをやったりするんですか?

河野:USTREAMを時々やったりします。

淳:議員さんがUSTREAMって自分から発信出来る新しいメディアじゃないですか。そういうことが政治活動が変わってきたりするんでしょうか?

河野:多少は変わったりしますが、まだ、視聴率が少ないので。あれなんですが。

淳:そうでしょうね。テレビの方が断然多いだろうし。

河野:去年の事故までは、テレビで原子力の事故もやってくれていなかったので、自分で一生懸命ビデオを作って、ホームページに載せてみたり。何年も前からやっていたので。今度はUSTREAMやらなんやら生でやってみたり。後で見てもらったりいろいろ出来ると違うかなって。

淳:ここからまた幅が。メディアを持つことで。

河野:そうですね。テレビに遠慮しなくて。

淳: そうですよね。そしてより真実が伝えられる。ねじ曲げられない。

河野:ねじ曲げられないで主張が伝えられる。先行きどうなるかわかりませんが。元々の主張が曲がっていると、そのまま曲がったまま出ちゃいますが。

淳:そうですね。

河野:それは有権者が選んでくれればいい。

淳:軸がきちんとしていて放送さえ出来れば。こんなに良いメディアは無い。

河野:しかもほとんどタダじゃないですか。

淳:はい。

河野:iPhone一個でこれが出来れば、こんなに楽なことはない。

淳:ですよね。僕もこれに出会ってから、みんななんでこれをやらないんだろうって思うくらい、魅力的なメディアなんですよね。だから今回もファミリーレストランで、河野さんは話ししてくれるのかなって。(出演を)頼んでみたら、快諾していただけたので。

淳:今回は出来るだけこの放送を通じて、普段聞けなかった政治のことだったりとか、政治に興味を持てなかったんだけれどそういうことだったのか、こういう思いで政治家の人は政治活動をしているのか。ということが伝えられたらいいなあと思って対談した次第です。

年金制度は維持不可能

淳:社会保障との一体改革だったこの増税案が、他の案は棚上げになって後で考えます、後で考えますってなって、とりあえず増税だけ決めたいという野田さんの思いみたいなのが。野田さんは政治生命を賭けると言っていますが、国民はその前にそれこそいろんな人が言っていると思うのですが、増税の前にやるべき事があるんじゃないかという意見がたくさんある。そのことについては河野さんはどう思いますか?

河野:70歳の人がそうおっしゃるならそれはわかる。淳さんはおいくつですか?

淳:僕は38、今年で39です。

河野:39歳の人がそれを言うのは、おかしい。なんでかというと、今の日本の年金制度ってほとんど維持可能じゃないわけですよ。国民年金なんか保険料を払わない人の方が多い。厚生年金だって、人口ピラミッドが逆ピラミッドになっちゃってる。そうすると今やらなきゃいけないのは、年金制度を抜本的に変えないと持ちませんよと。

そのためには、消費税を上げさせてもらって、国民年金をやりますって言わないと、保険料下さいと言ってももらえないわけですから。保険料はいりません、その代わり消費税でやらせてくださいという以外に、もたないんですよ。それは若い人にとってみれば深刻な話で、今年金をもらっている人は絶対持つんですよ。

100歳まで長生きしようとも、今の年金は持つ。でもその後年金をもらう世代はかなり不安定になっている。若い世代はとにかく他にやるべきことはあってもいいから、今大事なのは年金制度をどうするかだと。だから他にやることがあるかもしれないけど、それより年金が優先だと言わないと年金制度は持たない。

70歳の人が、いやいや消費税が上がったら俺は消費税をたくさん払わないといけない、他にやることある、消費税を上げるのをちょっと待とうよって、消費税を上げずに俺は逃げ切りたい。だけどそれを若い人まで一緒になってその事を言うよりも、他にやることがあるだろう。

多分年金は極めて危ない状況になってくるので、70歳の人が他にやることあるよねと言うのは言っている意味がよくわかります。でも若い人はとりあえず年金制度を直せよと。そのための消費税は上げざるを得ないよという。保険料だと若い人は払うだけ。

上の人は年金をもらうだけなんですね。消費税だと年金をもらっている人も消費税を払うから。5%より10%に上げさせてください、それで年金やりますって言うと年金もらっている人にも負担してもらう。そうしないと回せない。

淳:世代間のバランスを取るために消費税は・・・

河野:有効なんです。ただ、今のままだとそうならない恐れがあって。

淳:ルールはまず確立してから消費税を上げましょうよってことですね。

河野:いや、僕はまず上げさせてください。

淳:まずは上げた方がいい?

河野:その消費税をしっかり年金に使うように、今度の国民会議で議論しようよ。どっちにしろ今のままだとお金が足らない。

淳:うん。それは明らかなんですね。

河野:それは明らかだから、だからそれは申し訳ないけれども上げさせてください。上げさせてくださいと言っても上がるのは2014年からです。

淳:あと2年後ですね。

河野:だからそこは決めさせてくれないと。いろいろ反対している人はいるけど、この消費税を年金に充てるところへみんなで持って行こうぜって。

淳:それは自民党としての考えなんですか?

河野:いや、自民党は今の年金制度は大丈夫ですって言っている。

淳:ええっ。

河野:民主党は民主党で、また全然別のことを言っているから「ちょっと待てよお前ら」って。真面目に考えたらこうやらなきゃダメだよねって。今あるはず。原発と同じで河野さん一人だけ言っていることが違うよねって。

淳:自民党の中にいても。

河野:でも俺正しかったじゃんって。年金もまたあいつ年金で変なことを言っているけれども、真面目に冷静に考えたらこれが正しいというのには自信があります。

淳:なるほど。河野さんって自民党にいながら、自民党の原発の問題も、自民党ってどちらかというと原発推進派ですよね。それも反対していた。その辺の話も後で出てくると思いますが。河野さんだけが自民党の中で意見が違う方なのですか?

河野:原発の時よりあいつの言っていることが正しい、と言ってくれる人が…

淳:まだいる?

河野:年金に消費税を使おうと思ってくれている人が、自民党の若手には結構いるので。原発みたいにまったく一人でやってましたというのとはちょっと違う。

淳:仲間がいる。

河野:はい。

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  5. 5

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  6. 6

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  7. 7

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  8. 8

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

  10. 10

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。