記事

米最高裁判事ら、不法移民規制の連邦法に懐疑意見


[ワシントン 25日 ロイター] - 不法移民に米国への入国や滞在を勧めるのは重罪とした連邦法を巡り、米最高裁判事が保守派、リベラル派ともに25日、懐疑的な意見を示した。

この連邦法はカリフォルニア州サンフランシスコの第9巡回区控訴裁判所が2018年、米憲法修正第1条で保障される言論の自由に反するとして、無効と判断。トランプ政権が上訴している。

判事はいずれも、連邦法の適用範囲が広すぎると懸念を表明。保守派のジョン・ロバーツ最高裁長官は、例えば祖母が米国に不法滞在する孫に「ここにいてほしい」と言うことが違法に当たるのかと疑問を呈した。他の判事も、移民に関わる弁護士や慈善活動家の仕事への影響に言及した。

トランプ政権はこの連邦法は言論の自由を違法とするものではなく、不法移民の流入を促進したりそそのかしたりし、自分の利益を得ることを阻止するものだとしている。

*カテゴリーを変更して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。