記事

「とにかく指洗い」「マスクで鼻を守る」「目薬ジャブジャブ」19人の医師が実践するコロナ対策 ~「手・口・目」編~ - 長田 昭二

1/2

 日本感染症学会は21日、感染者数を増やし続ける新型コロナウイルスへの対策を、これまでの「水際対策」から「蔓延期」へ移行する必要性をホームページ上で示した。

【画像】意外にも、この方法の手洗いでもウイルスの99%が落ちる

 ただでさえインフルエンザや花粉症で医療機関が混み合うこの時期、得体の知れぬ感染症の蔓延は大変な混乱を招いている。

 そんな中で医療の最前線に立つ医師たちは、どのようにして感染を防いでいるのだろうか。いま診療の最前線に立つ19人の臨床医に、「新型コロナウイルスに対して自らの身を守るために講じている感染予防策」を訊ねた。


最前線の医師たちはどのように身を守っているのか ©iStock.com

“流水手洗い”だけでウイルスの99%が落ちる

 対策として最も多かったのは、予想通り「丁寧な手洗い」で、これはほぼ全員が意識的に励行している。

 メディアでも繰り返し報じられているように、ハンドソープを使って指や手のひら、手の甲だけでなく、手首や前腕部までを念入りに洗って水で流す方法を、多くの医師が実践している。

「外来で患者さんを1人診察するたびに手を洗っている。時間はかかるけれど、やらないわけにはいかない」(50代・消化器外科)

「患者さんやスタッフなど“自分以外の人”が触れたものを触った時はもちろん、自分が使ったマスクや自分の髪の毛などに触った後も手洗いをしている。このあたりはかなり神経質にならざるを得ない」(50代・心臓血管外科)

 多くの医師がハンドソープや石鹸を使って念入りに手を洗っているが、「水だけでも効果はある」という答えもあった。形成外科医で現在は再生医療支援企業「セルバンク」の代表を務める北條元治医師だ。

「手洗いの目的は、手に付いたウイルスを落とすこと。ならば、水道の水をかけながら丁寧に手を擦り合わせればいい。石鹸を使わなくても15秒間の“流水手洗い”だけで手に付着したウイルスの99%が流れ落ちるので、30秒以上続ければそれ以上の量のウイルスを落とすことができる。ハンドソープや石鹸で10~30秒の“揉み洗い”をしてから流水で15秒すすぐと、手に付着していたウイルスの99.9%を落とせるという報告もあるので、石鹸を使ってはいけないというわけではありません。

 ただ、石鹸がなければ洗っても意味がない、と考えるのではなく、たとえ石鹸がなくても水道があれば水を流しながら手を洗う――という意識を持つことが大事です」

 手洗いと同様、回答した医師のほぼ全員が行っているのがアルコールジェルなどを使った消毒だ。

エレベーターのボタンは指の第二関節で押す

 池袋大谷クリニック院長で呼吸器内科医の大谷義夫医師はこう語る。 

「アルコール消毒は手洗い以上に有効です。かつては私も患者さんが入れ替わるたびに30秒の手洗いをしていましたが、いまは15秒間のアルコール消毒のみとして、少し時間ができたときに念入りに水道で手を洗うようにしています」

 そんな大谷医師は「手の衛生」を考える上で、危険性が部位ごとに異なることを意識する必要があるという。

「一番警戒が必要なのは“指”。手のひらや甲などをキレイにすることはもちろん大切ですが、目、鼻、口など、ウイルスを付けてはいけない“粘膜”に触れる機会が圧倒的に多いのは指です。アルコール消毒も、指を徹底的にキレイにするつもりで消毒すれば、自然に感染リスクも下がっていきます」

 さらに、外出時にも「指」を守る行動を心掛けるべきだと指摘する。

「電車の吊革につかまらなければならないときは、手で握らずに手首で押さえる。レバー型のドアノブは手のひらで回す。エレベーターのボタンは指の第二関節で押す。いずれも“手”は汚染するかもしれないけれど、“指先”は守れます。もっといえば、たとえ指先は汚染されても、その指で顔を触らなければ感染はしません。とはいえ、目、鼻、口などの粘膜を触る機会が圧倒的に多いのは指先なので、リスクの高い順に守っていくべきです。

 ちなみに先日小池百合子東京都知事にお目にかかった時、感染防止のため“握手”ではなく“グータッチ”を推奨している――と話していました。とてもいい取り組みだと思います」

医師はマスクをどう扱っているのか

 供給が追い付かずに大きな不安を招いている「マスク」を、臨床医はどのように扱っているのか。

「新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスよりもサイズが小さいので、ウイルス単体だと計算上はマスクの網を通過することになるが、飛沫の状態ならブロックできるだろうと考えて、1日2回交換している」(70代・消化器内科)

「医師がマスクをしていると患者さんも精神的に安心するので、外来の時は着用している」(40代・消化器内科)

 と、大半の医師が着用している。

 一方で、「スタッフには着用させているが、自分は置き型のウイルス除去剤だけ」(50代・泌尿器科)、「耳の遠い高齢の患者さんは医師の口の動きが見えないとコミュニケーションが取りづらくなるので付けないこともある」(40代・消化器内科)との理由からマスクをしない医師もいる。

 さらに切実なのは、「業者に頼んでも全然入荷しない。いずれ在庫が切れたら閉院も考えなければならない」(50代・耳鼻咽喉科)、「以前と違って、いまは外来診療の日は1日1枚(手術時は別)に制限されている」(50代・消化器外科)と、医療現場でのマスク不足は日々深刻化している。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  3. 3

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  4. 4

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  7. 7

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  8. 8

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  9. 9

    99人の壁サクラ騒動 別に問題も

    マイナビニュース

  10. 10

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。