記事

金正恩氏「健康不安」で妹・金与正氏を後継者に指名か

韓国紙・中央日報(日本語版)は21日、脱北者の安燦一(アン・チャンイル)世界北朝鮮研究センター理事長が前日、自身のユーチューブ「安燦一TV」で、「昨年10月に金正恩が白頭山(ペクドゥサン)を訪問した際、随行した幹部に『私の後継者は(妹の)金与正同志』と話した」と伝えたことを報じた。

女性兵士への虐待で対策

同紙によると、安燦一氏はこの中で、「金正恩の健康が良くないため、1月にフランスの医療関係者が極秘で平壌(ピョンヤン)を訪問して金正恩を治療した」としながら、「若い年齢(36)にもかかわらず健康が良くない点が後継者指名を急いだ理由であるはず」と説明し、さらに「トランプ政権が米国に敵対的な人物を相次いで除去している点も意識した可能性がある」と付け加えたという。

これと同様の分析は、すでに他からも出ていた。韓国のニュースサイト、リバティ・コリア・ポスト(LKP)が1月16日付で、昨年末に開かれた朝鮮労働党第7期第5回総会で、金与正党第1副部長が金正恩氏の後継者に内定したと伝えていたのだ。

LKPはその根拠のひとつとして、昨年12月10日から党総会が開催されるまでの間に、金与正氏の名義による指示文が党の各機関に下されたことを挙げている。それ以前には金正恩氏を除き、個人名による指示文が下されたことはなかったという。

こうした動きについては、韓国のデイリーNKも一部を把握している。平安北道(ピョンアンブクト)の消息筋によると、金与正氏は12月17日、本人名義で「女性軍人の勤務生活と健康に特別に配慮し、その状況を了解(把握)すること」との指示を各部隊政治部に通達したという。

北朝鮮軍の女性兵士らは、飢えや性的虐待など、過酷な環境に置かれていることが知られている。金与正氏はそれに対して配慮を示すことで、軍における足場作りを開始した可能性がある。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

だが、いかに金正恩氏の妹といえども、当時の金与正氏の肩書は党宣伝扇動部第1副部長だ。ここは思想教育や体制宣伝を担当する部署であり、軍の運営に口をはさむ権限はないはずで、金与正氏の行動は「越権行為」とみなされかねない。

ところがその後に開かれた総会で、金与正氏は党組織指導部の第1副部長に任命された可能性が指摘されている。組織指導部は北朝鮮の政務と人事を一手に掌握しており、第1副部長は同国の行政機構の頂点に君臨する。

だとすると、今後しばらく時間がかかるとしても、いずれは金正恩氏の異母姉である金雪松(キム・ソルソン)氏がそうであったと伝えられるように、北朝鮮で最強の官僚ポストである党組織指導部長に上り詰める可能性もゼロではない。

このような状況を踏まえれば、安燦一氏の見方は証拠が不足しているにせよ、まったく無視すべきものでもない。中央日報が同氏の分析を敢えて記事化したのも、このような判断からではなかったかと思われる。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。